100名城さんぽ

日本100名城さんぽ/戦国の世に思いを馳せて

日本100名城と大河ドラマのサイトになります。100名城の基本情報からや実際に城廻りをした際のことを載せています。皆さんの城廻りの一助になれれば幸いです!

大野城近くの太宰府天満宮などを廻ってきました!【城の周辺さんぽ編】/日本100名城(福岡県大野城市)

f:id:a-map:20210205132053j:plain

 

日本100名城の城址スタンプ廻り、観光さんぽ実体験レポートになります。100名城を廻ると47都道府県を全て巡ることになります。この日本一周の旅をマイペースに綴っていけたらと思うのでよかったら気楽に目を通してみてください!

 

今回は大野城に行ってきたので、その際のさんぽあしあとを紹介していきます。尚、今回の城さんぽレポートは下記の計3ページとなっています。


大野城.城さんぽ編
大野城.周辺さんぽ編
大野城おまけ編


そしてここでは大野城.周辺のさんぽ編として太宰府表参道→ふくや→太宰府天満宮を紹介しています!(2020年11月)

 

 

マップ

f:id:a-map:20210519090104j:plain

 

大野城のマップです。

 

①太宰府表参道入口

②ふくや

③太宰府天満宮

 

上記の順番で回りました。

 

太宰府

f:id:a-map:20210519090121j:plain

 

今回の城周辺さんぽは太宰府天満宮になります。

 

まずは天神から電車で太宰府駅まで行きました。写真の左側の画像は太宰府の駅前の様子です。太宰府天満宮へ続く大宰府の表参道は太宰府駅を降りてすぐの場所にあります。

 

f:id:a-map:20210519090140j:plain

 

太宰府表参道です。

 

400メートルほどある通りにはお土産屋さんや飲食店などが立ち並んでいます。

 

f:id:a-map:20210519090154j:plain

 

この通りにはお店が80軒以上あるようですが、80軒となると本当に色んなお店がありますね。

 

f:id:a-map:20210519090206j:plain

 

表参道には鳥居や石碑もありました。

 

f:id:a-map:20210519090216j:plain

 

やす武です。

 

福岡はうどんが有名ですが、太宰府はそばが名物として紹介されています。そのため太宰府ではそばを食べてみようと思い、名店と名高いやす武でお蕎麦を頂こうと思ったんですが、この日は店内飲食はお休み中でした。残念ですが次回太宰府に来たときはぜひやす武のお蕎麦を頂こうと思います。

 

ふくや

f:id:a-map:20210519090333j:plain


続いてふくやです。

 

やす武さんのお蕎麦はお休みでしたが実はもう一つ狙っていたものがありました。ふくやの明太子です。

 

福岡といえば明太子ですが、その中でも名店として名高いふくやの明太子茶漬けをこちらでは食べることができます。今回はこちらで食事を頂くことにしました。

 

f:id:a-map:20210519090349j:plain

 

ふくやは店内に入るとお土産が並んでいて、お店の奥にお食事処がありました。

 

f:id:a-map:20210519090405j:plain

 

のれんの先がお食事処です。

 

ちなみにこの日は並びましたが常に順番待ちをしている人がいたのでこちらで食事をするときは基本並ぶと思っておいたほうがいいかと思います。

 

食券で注文を決めますがメニューはシンプルに明太茶漬け(1000円)のみでした。ご飯は大盛りも普通盛りも料金は一緒でした。

 

画像の左側は店内の様子です。

 

f:id:a-map:20210519090422j:plain

 

順番が回ってきて席に座ると明太茶漬けの楽しみ方の説明書がありました。

 

f:id:a-map:20210519090432j:plain

 

明太茶漬けです。

 

ご飯の上に明太子が二切れ、トロロ、お茶漬け用の付け合わせ、お茶漬けダシがセットになっています。ご飯は大盛りにしてもらいました。

 

好きなタイミングで好きなだけダシを入れてお茶漬けにすることができます。

 

f:id:a-map:20210519090448j:plain

 

明太子ご飯とトロロご飯を少し味わってからお茶漬けにしました。

 

1000円だと明太子をもう少し欲しかったかなと思いますがふくやさんの明太茶漬けを味わうことができてよかったです。

 

またこの日ではないですが博多にいる間にお土産でふくやさんの明太子を買いました。

 

大宰府表参道

f:id:a-map:20210519090515j:plain

 

食事も済ませて更に表参道を進んで太宰府天満宮を目指しているとスターバックスがありました。

 

こちらは評判のスターバックスで、この木組みのデザインが特徴的だと有名でしたが実際に見てみると凄いですね。

 

そして有名だけあってここで写真を撮っている人も多かったです。

 

f:id:a-map:20210519090529j:plain

 

更に先に進みます。

 

鬼滅の刃の ご当地お土産もありました。

 

f:id:a-map:20210519090503j:plain

 

もうすぐ目的地到着です。写真の先に見える鳥居をくぐれば太宰府天満宮ですね。

 

f:id:a-map:20210519090626j:plain

 

所々で名物の梅ヶ枝餅を売っているを見かけましたが行列を見て食べたくなり食べてみました。

 

f:id:a-map:20210519090639j:plain

 

梅ヶ枝餅です。

 

外はパリっと香ばしい皮になっていて、中はホクホクのあんこが入っていました。

 

先ほど明太茶漬けを食べたばかりですがデザートとしてちょうどよかったかなって思います。

 

大宰府天満宮

f:id:a-map:20210519090701j:plain

 

太宰府天満宮に到着です。

 

この日はたくさんの人がこちらを訪れていました。

 

f:id:a-map:20210519090735j:plain


1.鳥居です。

 

2.太宰府天満宮の案内所です。

鳥居を潜ってすぐ右側にありました。

 

3.御神牛像です。

鳥居を潜ってすぐ正面にありました。

 

4.太宰府天満宮の本堂へは脇道からも行けるようです。

脇道は鳥居を潜ってすぐ左側にありました。

 

f:id:a-map:20210519090748j:plain

 

先ほどの鳥居を潜ってすぐの場所にもう一つ鳥居がありました。

 

イメージ的には先ほどの鳥居が入り口でここからが本堂への道って感じなのかなって思いました。

 

f:id:a-map:20210519090802j:plain

 

太鼓橋です。

 

朱色の特徴的な橋となっています。

 

f:id:a-map:20210519090814j:plain

 

橋の下は池になっていて噴水などもありました。

 

橋から周辺を見渡すと日本庭園という感じでとても雰囲気でいいです。

 

こちらの池は心地池というようです。

 

f:id:a-map:20210519090842j:plain

 

橋を渡りきると朱色の桜門が見えてきましたが、桜門の先が本堂です。

 

ここまでの距離は案内所からそんなに遠くなかったです。

 

f:id:a-map:20210519090904j:plain

 

更に先に進みます。

 

f:id:a-map:20210519090913j:plain

 

桜門です。

 

かなり存在感がありますね。

 

f:id:a-map:20210519090924j:plain

 

見事な門ですね。

 

こちらを潜ると本堂です。

 

f:id:a-map:20210519090938j:plain

 

太宰府天満宮の境内の様子です。

 

こちらには菅原道真が祀られています。そして学問の神様としても有名な太宰府ですがこの日も学生が太宰府天満宮を訪れていました。またお守りも売っていました。

 

f:id:a-map:20210519091001j:plain

 

太宰府本殿です。

 

 お参りもさせてもらいました。

 

終わりに

f:id:a-map:20210519090432j:plain

 

城周辺のさんぽ編はこれで終了となります。

 

今回は太宰府表参道と太宰府天満宮でしたがとても見ごたえのあるスポットでした。

 

表参道には歴史を感じられる建物や様々なお土産屋さんがあって楽しかったですし、あの有名な太宰府天満宮へお参りできたことも嬉しかったです。

 

引き続きおまけ編もあるのでよかったら目を通してみてください!

 

次のさんぽ【大野城.おまけ編】

 

大野城さんぽレポート

大野城.城さんぽ編
大野城.周辺さんぽ編
大野城おまけ編

 

プライバシーポリシー