100名城さんぽ

日本100名城/城址スタンプ廻り、観光さんぽ

日本100名城と大河ドラマのブログになります!100名城は基本情報から、100名城付近の観光情報などを載せています。100名城を見ながら散歩をしてその城や付近の歴史を感じられる手助けになればと思い書いてます!

MENU

麒麟がくる/第34話【焼討ちの代償】あらすじと感想(ネタバレあり)大河ドラマ/2020年

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20201230113134j:plain引用:NHK

前回のあらすじ

1570年、朝倉、浅井両軍は織田信長に対抗するため延暦寺の助けを借りて比叡山に陣を敷いた。更に信長は西には三好と本願寺一向宗、南には六角と長島一向宗に囲まれ窮地に立たされていた。そんな中光秀は朝倉家の家老である山崎と連絡を取り延暦寺へ出向くことにする。


その後光秀は比叡山延暦寺に出向いて久しぶりに朝倉義景と面会する。そして光秀は義景に和睦を提案するが義景は比叡山に陣を敷いた以上覚恕の意思に沿った行動しなければならないと告げる。そして光秀はどうしたら和睦ができるか聞くため覚恕に会うと、覚恕は光秀に信長が掠め取っている京の領土や権力を返せと険しい顔で言い放つ。


その後反信長勢である伊勢長島の一向宗が延暦寺の命令で尾張の小木江城に攻め入る。そして伊勢長島の一向宗は信長の弟である織田信興を討ちとってしまう。そして信長はこの戦から撤退を考え出すが光秀は足利義明に間に入ってもらって和睦をするのはどうかと告げる。それを聞いた信長は悩むが、少しして思いついたように帝に間に入ってもらえれば和睦ができるかもしれないと呟く。


その後帝は信長の頼みを聞いて和睦の仲裁に入ることにする。そして朝倉、浅井、延暦寺、織田は帝の勅命により和睦することになる。そしてその条件として信長は朝倉、浅井、延暦寺の要求を聞き入れることになる。そして和睦は成立し各大名が自分たちの城へ帰る。


その後信長は伊勢近江の一向宗を鎮圧すると比叡山の麓に陣を敷き朝倉、浅井の背後にいる比叡山を討つための準備を始める。そして信長は家臣たちに比叡山にいるすべての者を打ち果たせと命令する。


その後織田軍は比叡山で僧兵、女子供など全ての者を切り捨てる。そして比叡山は修羅場と化す。そんな中光秀は自分の家臣には女子供を逃がすように命令する。

 

前回のあらすじ【第33話 比叡山に棲(す)む魔物】

 

 

麒麟がくる/第34話【焼討ちの代償】あらすじ

f:id:a-map:20210114204727j:plain引用:NHK

 

1571年、織田信長は比叡山延暦寺を攻め僧兵やそこに住む人々を男女関係なく皆殺しにした。そして比叡山は大きな打撃を受けた。しかし覚恕は比叡山から逃げ延びていた。そんな中光秀の軍勢だけは女子供は手をかけず逃していた。


その後信長は光秀に会うと覚恕は取り逃がしたが他の高僧は討ち取れたと戦の勝利を喜ぶ。そんな中光秀は信長に全ての人を斬れと命令されたが女子供を逃してしまったと正直に話す。それに対して信長は他の者だったらその首をはねているが今回は聞かなかったことにしておこうと言い光秀は一番手柄だと告げる。そして信長は光秀に滋賀一帯2万石の領土を与えると告げる。


その後京では足利義昭が摂津春門や三渕藤英らを集めていた。そして義昭は春門たちに信長が比叡山延暦寺を非情なまでに打ちのめしたことに激怒していた。そして義昭はもはや信長は何をやるかわからないと怒号を飛ばす。それを聞いた春門は義昭の覚悟次第でどうにでもなると言い、義昭が信長との関係を切るつもりなのであれば手立てはあると告げる。更に春門はそのつもりがあるなら松永久秀と大和の国を争っている筒井順慶に力を貸して、久秀が信長に力を借りれば明確に幕府と信長が対立していることが世間に知らしめられて近隣諸国の大名は幕府に味方するだろうと続ける。そして義昭はその話を険しい顔で聞いていた。


その後光秀は延暦寺での戦でしてしまったことについて家で悩んでいた。そんな中たまは伝吾と市場に行っていたが、京の住民がたまは延暦寺攻めをした光秀の娘だということで石を投げつけられてしまう。そしてたまは傷を負ってしまう。その後たまは東庵の家で治療を受けていたが光秀が東庵の家へ駆けつける。そして光秀は傷ついたたまに自分が延暦寺を攻めてしまったことでたまが怪我をすることになって申し訳ないと謝る。しかしたまは悪いのは戦であって光秀は悪くないと返答する。


その後駒は光秀を呼び出すと光秀に義昭と信長が対立するのが怖いと告げるが、光秀はそんなことにならないように自分が止めると返答する。しかし駒は義昭が順慶の味方をして久秀を攻めるかもしれないと言っていたと告げ、そうなれば久秀に信長が味方をした場合は義昭対信長という構図になっていくと続ける。それを聞いた光秀は驚いてその事態を止めないといけないと言い京を訪れている順慶の元へ行くことにする。


そして光秀は順慶と話をするが順慶は大和を守りたいということで話は纏まらず順慶を止めることができなかった。そして光秀はとりあえず今井宗久の家で茶会でもしながら話そうと提案する。そして順慶はその話に乗ることにする。


その後光秀と順慶は宗久の家行くがそこには光秀が呼び寄せていた久秀もいた。そして光秀は順慶と久秀と3人で話をするが険悪な雰囲気になる。そんな中久秀は光秀を呼び出し2人きりになると久秀は自分に何を求めているのかと光秀に尋ねる。それに対して光秀は順慶と久秀が対立するという事は義昭と信長の対立ということに繋がっていくかもしれないから大和の国攻めを止めてほしいと告げる。


それを聞いた久秀はずっと大和の国が欲しくて戦ってきたんだと返答する。それに対して光秀は自分が信長からもらった2万石の滋賀領地を久秀に渡すからそれで話を収めてほしいと告げる。それを聞いた久秀は光秀の心意気はわかったから順慶と和睦の話をすることにすると告げる。更に久秀は滋賀の領地は要らないと言うと、続けてどんなに光秀が義昭と信長の間を取り持とうとしてもあの2人は水と油だからいずれは対立するだろうと告げる。


その後光秀は信長と面会して久秀と順慶が和解をしたと報告する。そして久秀に自分の滋賀の領土はいらないと言われたと告げる。それを聞いた信長はこれで久秀と戦わずに済んだと喜ぶ。それを対して光秀は信長に久秀を討つつもりだったのかと尋ねると、信長は帝がいる京を安定させるためには義昭と対立するわけにはいかないと返答する。それを聞いた光秀は義昭のためではなく帝のために久秀と戦うつもりだったのかと尋ねると、信長は義昭が言っている事は的外れだしもはや相手にしていないと返答する。更に信長は帝の言う事は心に響くし今回の比叡山延暦寺攻めについても帝に大儀であったと褒められたと告げる。それを聞いた光秀は難しい顔をする。


一方甲斐の国に逃げ延びた覚恕は武田信玄に信長に全てを焼きつくされたと嘆いていた。それに対して信玄は覚恕に後は自分に任せてほしい、自分が信長を討ち滅ぼすと意気込みを語る。

 

麒麟がくる/第34話【焼討ちの代償】感想

f:id:a-map:20210114204731j:plain引用:NHK

 

さて今回は比叡山延暦寺攻めの後の話でしたね。あの戦はただの戦ではなくその後に響いてしまう戦だということがよくわかる話になっていました。


まずは春門ですが、春門はなかなかやりますね。ここで信長を切るために義昭に大和の国の順慶を後押しするように勧めていました。この点については確かに春門の言うように義昭と信長が明確に対立すれば諸大名の態度も変わってくるでしょう。ただ問題は幕府が明確に信長と対立したところで幕府がどの程度信長とやりあえるかというところですね。現状では幕府が信長を倒すというのはちょっと難しいと思うのでそれを考えると必ずしもこの作戦がとるべきかというのはちょっと判断が難しいところですよね。


そして比叡山延暦寺攻めについては戦だけではない問題点が出てきましたね。今回光秀は延暦寺攻めで兵士以外の一般住民からも恨みを買ってしまい、そのことが原因でたまが石を投げつけられていました。延暦寺攻めをするという事はこういうことが起こってしまうということなんですよね。それだけに延暦寺攻めはただの戦ではないというところがよくわかる話になっていました。また光秀自身もそもそも延暦寺攻めについては相当後悔をしているようで、かなり思い悩んで悪夢を見ているようなシーンもありました。そうしたことを踏まえてもあの比叡山延暦寺は今後の光秀の行動に何かしらの影響が出てくる可能性がありそうだなって思いました。


そして順慶と久秀ですが、光秀は今回二人を和解させることに成功しました。これで幕府と信長の対立はとりあえず防げましたが、そもそも実際のところは信長は幕府と対立するつもりはなく久秀を攻め落とすつもりでした。ただ信長はもはや幕府の事はあまり相手にしておらず帝のために久秀を敵に回しても仕方がないと考えていたようです。信長は久秀の味方をすると思っていたのでこれにはちょっと驚きました。


そして今回何とか逃げ延びた覚恕でしたが甲斐の国で信玄に助けを求めたようです。そして信玄はそれに応じて信長を討つという選択をしました。信玄と言えば戦国時代では名将として名が高いです。その信玄と信長の対立も気になるところですね。


さて今回は幕府と信長の溝が深まっているところや大物大名信玄が動くということになりました。それにより話はますますと混沌としていきそうです。ここから光秀と信長がどんな行動をとっていくのか気になりますね。では引き続き先を見ていきたいと思います。

 

おまけ

f:id:a-map:20210114204735j:plain引用:NHK 

 

ドラマが終わった後に流れるおまけパートについてです。

 

★34話のおまけパート

今回は興福寺(奈良県奈良市)と菅田比賣神社(奈良県奈良市)についてでした。

 

大和の国は久秀が平定した後も争いが耐えませんでした。そんな大和の国にある伝香寺には絹本著色順慶像の掛け軸があります。


そして順慶は久秀と対立した武将の1人です。順慶の家系である筒井氏は元は興福寺一乗院に属する僧兵を纏めていました。そして筒井氏は順慶の父の代で飛躍し大和最大の武士団に成長しました。


そして筒井氏は奈良県大和郡山市で築いた平城筒井城を拠点としました。現在は住宅街となったこの地には井戸跡や順慶が築いた順慶堤が残されています。


そして筒井城の中枢部には菅田比賣神社(すがたひめじんじゃ)があります。そして神社の境内に建てられている八幡神社は当時から位置を変えずに鎮座していると考えられています。


そんな筒井城はたびたび久秀との戦いの舞台となりました。そして数年に渡る攻防の末、順慶は久秀から筒井城を奪還し大和統一を目指しました。


交通

興福寺

近鉄奈良線「近鉄奈良駅」下車徒歩5分


菅田比賣神社(すがたひめじんじゃ)

近鉄橿原線「筒井駅」下車徒歩10分

 

次のストーリー【第35話 義昭、まよいの中で】

 

 

 

主な登場人物

下記の項目画像は[NHK ]からの引用になります


明智光秀(長谷川博己)

f:id:a-map:20210114214602j:plain

幕臣として義昭に使えているが信長とも良好な関係を築いている。また様々な武将から一目置かれる存在で各所で活躍をしている。そんな光秀は幕府と信長が対立するの心配して何とか間を取り持とうと懸命に動いている


ユーネクスト

ユーネクストならいつでも大河ドラマを見ることができます。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー