100名城さんぽ

日本100名城/城址スタンプ廻り、観光さんぽ

日本100名城と大河ドラマのブログになります!100名城は基本情報から、100名城付近の観光情報などを載せています。100名城を見ながら散歩をしてその城や付近の歴史を感じられる手助けになればと思い書いてます!

MENU

麒麟がくる/第32話【反撃の二百挺(ちょう)】あらすじと感想(ネタバレあり)大河ドラマ/2020年

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20201230113134j:plain引用:NHK

前回のあらすじ

1570年、織田信長は帝の勅命を受けて朝倉義景のいる越前を目指した。そして信長の呼びかけに応じて諸大名たちが集まり、信長たちは若狭の国、国吉城へ入った。そして信長は集まった諸大名たちにこれから越前に向かい義景を討つと決意を語る。


その後信長は若狭から更に東に位置する敦賀へ兵を向けた。そして信長は手筒山城、金ケ崎城を落として敦賀を占領した。そして信長は妹の嫁ぎ先である浅井長政に背後の小谷城を任せて義景のいる一乗谷へ攻める方針を立てる。


しかしその後長政は信長を裏切って信長の背後をつくため兵を率いて金ケ崎城へ向かう。


その後信長たちは一乗谷攻め込むための軍議を行っていたがそんな中長政の裏切りを知った光秀がすぐに信長を呼び出す。そして光秀が長政の裏切りと退却を提案すると信長は苦渋の決断で退却することにする。そして光秀と豊臣秀吉が殿を引き受けることになる。その後光秀たちは激しい攻防を繰り広げながらも殿の任務を全うして信長たちが逃げるまでの時間稼ぎをする。


その後信長たちは無事城へ戻る。そして殿を務めた光秀たちも城へ戻る。そして光秀は信長と面会するが信長は今回の負け戦についてとても落ち込んでいた。そして信長は光秀に帝や帰蝶になんと報告すれば良いかと力なく呟く。それに対して光秀は信長が生きている以上今回の戦は負け戦ではない、次があると告げる。更に光秀は帝や帰蝶には負け戦ではないし生きて帰ってこられたことを報告すればいいだろうと続ける。それを聞いた信長は笑顔を取り戻す。

 

前回のあらすじ【第31話 逃げよ信長】

 

 

麒麟がくる/第32話【反撃の二百挺(ちょう)】あらすじ

f:id:a-map:20210113190810j:plain引用:NHK

 

1570年、越前を攻めていた織田信長は浅井長政の裏切りにより兵を撤退して京へ逃げ帰ることになった。


その後光秀は足利義昭と摂津春門に戦についての報告をしに行く。そして光秀は義昭たちに今回の戦は引き分けだったと告げるが、春門は長政が裏切ったから逃げ帰る負け戦になったのであろうと告げる。それを聞いた光秀は春門がなぜ長政の裏切りを知っているのかと情報源を尋ねる。それに対して春門は情報源については語ろうとせず、朝倉は敵だと思っていないと言うと、光秀は険しい顔で春門は自分たちの敵に回るつもりかと質問する。その様子を見ていた義昭は2人の言い争いを止める。そして春門は政所の作業があると言いその場を後にする。


その後光秀は義昭に今回の戦は殿を務めたがとても怖かったと告げる。それを聞いた義昭は自分も昔怖い思いをしたと話し出す。そして2人は少しの間話をするが、光秀は今回義昭がいれば戦の結果も違ったものになっていただろうと告げる。そして光秀は次の戦にはぜひ義昭も参戦してほしいと真摯に頼み込むが義昭は光秀の頼みに返答せずにただじっと聞いていた。そんな中信長が現れると義昭は何も言わずに部屋を後にする。そして義昭は信長に今回の戦は大変だっただろうとねぎらいの言葉をかける。


その後光秀が家に帰るとそこには美濃から京へ来た熙子たちの姿があった。そして光秀は家族が京に来たことを喜び久しぶりに一家団欒の時間を過ごす。


その後光秀は秀吉と共に鉄砲を仕入れるため今井宗久の元へ行く。そして光秀たちは宗久に鉄砲の仕入れを依頼するが宗久は入れ違いで他の大名から鉄砲の依頼を受けてしまったから用意することはできないと返答する。それを聞いた秀吉は相手が誰だと宗久を脅すような物言いで尋ねるが、宗久が取引相手の事は話せないと告げると互いに険悪な雰囲気になる。そんな中光秀は落ち着いて宗久の茶でも楽しもうと場を和ませる。そしてその場の空気が柔らかくなると宗久は顕本寺で茶会があると言い光秀たちを誘う。


その後光秀たちが茶会を待っているとその間に宗久から茶会の参加者リストを教えてもらう。そして光秀はこれが鉄砲を買う人物のヒントだと気が付き、リストの中に名前があった筒井順慶が鉄砲を買う相手だと推測する。そして光秀は秀吉に鉄砲を買うのが順慶であれば松永久秀と大和の国を争っている立場から譲ってもらうのは難しいだろうと頭を悩ませる。しかしとりあえず光秀たちは茶会には参加することにする。


その後茶会を待っている間光秀たちは宗久の引き合わせで順慶と顔を合わせる。そして順慶は光秀に光秀の噂を聞いていて好印象を持っていることを伝える。更に順慶は信長に対してもとても良い印象を持っていることを告げる。そんな中光秀たちは順慶に宗久から鉄砲を仕入れたか尋ねる。それに対して順慶は鉄砲を仕入れたと返答すると、光秀は順慶に鉄砲200丁を譲ってくれないかと頼み込む。それに対して順慶は光秀に信長と引き合わせてくれるなら鉄砲を譲っても良いと返答する。更に順慶は信長が久秀と仲が良い事は知っているが自分も信長と面識を持ち仲良くしたいと考えていると告げる。それを聞いた光秀は鉄砲を譲ってくれるのであれば信長と引き合わせると返答する。そして2人の交渉は成立する。


その後信長は金ヶ崎の戦いからわずか2ヶ月しか経っていなかったが徳川軍と共に近江へ出陣して朝倉、浅井両軍と戦った。そしてこの姉川の戦いで信長は勝利し朝倉、浅井両軍は自分たちの城へ逃げ帰った。


その後三好が兵を率いて京へ攻め登ってきた。そして信長は参陣した義昭と共に三好を迎え撃つ。そして信長たちと三好たちは摂津で戦になるが、この戦いで本願寺の一行衆が三好に味方をして信長たちは苦戦を強いられる。そんな中信長の苦戦を知り義景が兵を率いて京へ向かっていた。そしてそのことにより信長たちは正面に三好、本願寺そして後方には朝倉、浅井がいる状況となってしまう。それに対して信長は宿敵である義景に狙いを定め、摂津から兵を引いて近江へ向かい比叡山で義景と戦となる。


その後二条城へ戻った義昭は自分が参陣したのに早々に三好、本願寺たちから兵を引き上げてしまった信長に怒りを覚えていた。


一方朝倉、浅井と戦っていた信長たちだったか比叡山延暦寺の僧兵が義景を庇って戦っていた。そのため戦が思うように進まず信長は苛立ちを見せていた。そんな中信長は光秀にどうして比叡山の僧兵も長政も義景を庇って自分の敵に回るのかと尋ねる。それに対して光秀は義景は比叡山に金を落とすが信長は比叡山から金を奪う者だと思われているからではないかと返答する。


片や義景は比叡山で僧侶たちに金品を渡し信長を倒すための協力を仰いでいた。

 

麒麟がくる/第32話【反撃の二百挺(ちょう)】感想

f:id:a-map:20210113190816j:plain引用:NHK

 

さて今回は信長が鉄砲を手に入れて再び朝倉攻めを開始するという話になっていましたね。


まずは義昭ですが、義昭は光秀に次の戦には参戦してほしいと頼まれましたが全くそのつもりはないようでしたね。光秀の言うように今は敵が誰とかではなく大きな国を作って太平の世にするために行動するべきだと思うのですが、既に義昭と信長の間には亀裂が入っているようなので義昭は信長と協力して大きな国作りをするというつもりはなさそうだなと感じました。たださすがに京に三好が攻めてきたときは義昭も参陣しましたね。


そして秀吉ですがちょっと凄みが出てきましたね。光秀と共に宗久に鉄砲の交渉しているときは秀吉は宗久を脅すようなことを言っていましたが、昔の秀吉では考えられないような場数を踏んできた感じがしました。ただ秀吉はかなり交渉が荒っぽく場の雰囲気が相当悪くなりました。そんな中光秀がやんわりと間に入ったのは良かったですね。光秀は秀吉と違って交渉に爽やかさが光っていましたね。


そして順慶ですが、久秀の敵ということもあってどんな人物かと思っていましたが今回の感じだとさすがに久秀と対立しているだけのことがあってなかなかの人物だなと思いました。特に戦に重要な鉄砲を譲ってでも信長と関係性を結びたいと考えているところは順慶は大局を見られる人物なんだなと思いました。この順慶相手にしているという事は久秀も相当大変ですね。そして今回順慶は人脈を広げることに成功しましたが、これが久秀にとってどうなるのかというところも気になるところですね。


そして義景ですが信長が三好と揉めている間に背後から出兵するなど割と抜け目のないところがありますね。それに比叡山では僧兵の助けを取り入れたり、長政と組み続けたりと信長相手によく戦えていると思います。それだけに義景が最初の時点で信長と順調に上洛を果たしていたらどうなったのかなと気になったりもします。


そして信長ですがかなり以前と変わって態度が強固になってきましたね。今の信長は全国を収めるような力を持っているわけで、そうなるとやはりこれぐらいの強固な姿勢がないといけないのかもしれませんね。それにしても信長はもう周りの人間が近寄りがたいほどの雰囲気になっています。そんな中今回は比叡山延暦寺まで信長の敵に回ってしまいました。信長はどんどん敵が増えていってしまっている感じですね。


さて今回は信長が義景との戦に相当てこずっている様子が伺えました。これから信長と義景の戦がどうなるのか、また強固な姿勢になってきた信長と光秀の関係が今までのように続いていくのかというところが気になるところですね。そういったところを見つつ引き続き先を見ていきたいと思います。

 

おまけ

f:id:a-map:20210113190823j:plain引用:NHK 

 

ドラマが終わった後に流れるおまけパートについてです。

 

★32話のおまけパート

今回は姉川古戦場跡(滋賀県長浜市)についてでした。

 

小谷山に築かれた小谷城は北近江を収めた浅井氏の本拠地でした。そして離反した長政を討つため信長は姉川の南側に位置する龍ケ鼻岩砦に陣を敷きました。ここは現在の茶臼山古墳となっています。


そして織田軍は徳川軍と共に朝倉、浅井両軍と激突しました。現在、陣坑の柳が残されている場所で信長は指揮を取ったと伝わっています。


そして多くの死傷者を出したこの戦いで姉川の水は血に染まって赤くなったといい、その激戦が伝わったこの地の地名は現在血原と呼ばれています。そして現在この地にはちはら公園があります。


そして徳川家康が陣を置いた岡山は織田、徳川両軍が勝利を収めたことにより勝山と呼ばれるようになったと言われています。


この姉川の戦いで痛手を受けた朝倉義景でしたが巻き返しを図り信長の前に立ちはだかりました。


交通

姉川古戦場跡

JR「長浜駅」からバス「野村橋」下車すぐ

 

次のストーリー【第33話 比叡山に棲(す)む魔物】

 

 

 

主な登場人物

下記の項目画像は[NHK ]からの引用になります


筒井順慶(駿河太郎)

f:id:a-map:20210113190945j:plain

松永久秀と大和の国を争っているが信長や光秀のことを認めていて2人と近づきたいと思っている。そして光秀から鉄砲の件を交渉された際に2人と近づくことに成功する


ユーネクスト

ユーネクストならいつでも大河ドラマを見ることができます。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー