100名城さんぽ

日本100名城さんぽ

日本100名城と大河ドラマのブログになります!100名城は基本情報から、100名城付近の観光情報などを載せています。100名城を見ながら散歩をしてその城や付近の歴史を感じられる手助けになればと思い書いてます!

MENU

麒麟がくる/第28話【新しき幕府】あらすじと感想(ネタバレあり)大河ドラマ/2020年

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20201230113134j:plain引用:NHK

前回のあらすじ

1568年、足利義昭は美濃の立政寺に到着した。そして出迎えた織田信長は丁重に義昭をもてなす。


その後信長は上洛について三好一派と六角が敵となり戦うことになると予測し光秀に京へ向かい豊臣秀吉とともに三好一派の兵力を調べることと朝廷が本当に三好一派を切って自分たちに協力するつもりがあるのかを探ってほしいと依頼する。そして光秀はその任務を引き受けることにする。


その後光秀は京へ行き秀吉と落ち合う。そして秀吉から京都の情勢を聞きさらに秀吉が信長をいかに尊敬しているかという話を聞かされる。その後光秀は伊呂波太夫と会う。そして光秀は信長が三好一派に勝てば義昭を将軍として朝廷は認めるかということを尋ねる。それに対して伊呂波太夫はそれは間違いないだろうと返答し、必要であれば朝廷のしかるべき人間に会わせると続ける。


その後光秀は三好一派に資金提供をしている今井宗久と接触する。そして光秀は宗久に三好一派へ力を貸さないようにと頼むと、宗久は信長が堺の街に手出しせず京も戦の舞台にしないと誓うのであれば三好一派へ力を貸さないと告げる。更に宗久はその証拠として織田家が上洛の際に武具を身に付けず丸腰で義昭を筆頭に上洛するのであれば自分も約束を守ろうと続ける。


その後美濃で信長に事の顛末を報告した光秀だったが、信長の家臣たちは京へ上洛するのに武具を身に付けないなどありえないと猛反発する。それに対して信長はこれは自分たちだけではなく義昭の意見を取り入れるべきだと告げる。その後信長と光秀は義昭の元へ行き上洛に対して丸腰でするべきかどうかと尋ねる。それを聞いた義昭はそれは素晴らしい提案だと喜びきっと京の住民もその様子を見て安堵するだろうと頷く。そして信長たちは丸腰で上洛をすることにする。


その後信長は光秀に今後は義昭の家臣として扱えばいいのか、または自分の家臣になるのかを今この場で決めるようにと迫る。そして光秀はそのことについてははっきり決まっていると言い、自分は義昭の家臣になると返答する。そして信長は残念だが仕方がない、今後はそのように扱うと告げその場を後にする。

 

前回のあらすじ【第27話 宗久の約束】

 

 

麒麟がくる/第28話【新しき幕府】あらすじ

f:id:a-map:20201230105808j:plain引用:NHK

 

1568年足利義昭が織田信長とともに上洛を果たした。そんな中三好一派が頼りにしていた足利義栄が摂津で病死した。


その後信長は勢いに乗じて摂津への戦を仕掛けて勝利する。そして多くの大名たちが義昭と信長を認め様々な献上品が届けられた。


そして信長たちは摂津での戦についての詮議をしていた。そんな中松永久秀の処遇について信長達と三渕藤英たちで意見が分かれていた。信長たちは戦で戦果を上げた久秀を認めるべきだと告げるが藤英たちはそもそも義輝を討ったのは久秀の嫡男たちでそのことを踏まえると久秀を許すべきではないと真っ向から反論する。結果義昭が信長たちの言うことを認めて久秀を受け入れようと判断すると藤英たちは静まる。更に義昭は信長に政所である摂津春門に今後も引き続き業務を任せようと思っていると告げると信長は義昭がそう考えているのであればそれでいいと思うと返答する。


その後光秀は細川藤孝と会う。そして藤孝は光秀が幕臣になり共に働けることになったことを喜ぶ。そんな中藤孝は光秀に春門について警戒していることを告げる。それに対して光秀も時期を見て政所人事は一新するべきだと考えていると返答する。その後光秀は久秀に会う。そして光秀は久秀から朝倉義景の動きが怪しく三好、六角と組んで信長を狙っていると思うと告げる。それを聞いた光秀はいぶかしげな顔をする。


その後義昭は正式に朝廷から15代足利将軍の地位を与えられた。そしてそれを見届けた信長は一部の家臣を京に残して慌ただしく美濃へ戻っていった。


それから3ヶ月もせず義昭が三好の軍勢に襲撃されるという事件が起こった。そして光秀は義昭を連れて隠し部屋に隠れる。そんな中義昭は弱気になった様子を見せるが光秀ではそんな義昭を励ます。その後各地の足利勢への援軍により三好軍は退却する。その後戦処理をしていた光秀たちの元に駒たちが駆けつける。そして光秀達と駒たちはけが人の手当てや戦の後処理をする。そんな中駒は義昭と再会し、覚慶が将軍になっていたことに驚く。


その後駒の元に伊呂波太夫が訪れる。そして伊呂波太夫は駒が義昭と顔なじみだと知ると紹介してほしいと告げる。そして伊呂波大夫は義昭推挙の件で近衛前久の立場が悪くなってしまったので義昭にとりなしてもらいたいと続ける。それを聞いた東庵はそういう話なら直接義昭にもっていくよりまずは幕臣になった光秀に話を通した方が良いのではないかと告げる。


その後光秀は幕府内の不正の証を突き止める。そして藤孝に幕府内に大量の不正を働いている者がいてその者たちは三好達とも繋がっているということが判明したという話をする。そして今回の襲撃はそういった者たちの仕業だろうという話をする。


その後義昭襲撃のことについて激怒した信長が血相変えて京へ訪れる。そして信長は春門を激しく罵倒して、もはや春門たちには義昭を任せておけないと怒鳴り散らす。そして信長は2月の間に義昭のための城を作ると言い、春門たちにも汗水流してその城を作るのを手伝うように怒号を飛ばす。


その後信長と幕府により近隣諸国に呼びかけをして大工や資材などが集められた。そして光秀たちも汗を流しつつ義昭の居城となる二条城の建築を進めていた。しかし光秀は仏像すらも城の資材として使われているということに違和感を覚えていた。そんな中信長がその場に現れる。そして光秀は信長に仏像も資材として使うのかと尋ねると、信長は仏像を使ってもバチなど当たらないといったような返答をする。それを聞いた光秀は顔をしかめる。さらに信長は春門について警戒していることを伝えると光秀も同様のことを思っていると頷く。続けて信長は三好と義景が手を組んで攻めてこようとしていると言い先手を打って義景を討とうと思っていると告げる。それを聞いた光秀は難しい顔をする。そんな中義昭がその場を訪れる。そして義昭は城作りの様子を見てとても喜び信長に感謝を伝える。光秀はその様子をじっと眺めていた。


一方春門は家臣たちと信長の振る舞いについて怒りを感じていることを話していた。そして三好と義景が連絡を取り合っているということに喜んでいる様子を見せる。

 

麒麟がくる/第28話【新しき幕府】感想

f:id:a-map:20201230105812j:plain引用:NHK

 

さて今回ですが足利義昭と織田信長が上洛することを成功させましたが、まだ京が安定していないということがよくわかる話になっていました。


そして今回の詮議についてですがかなり難しい内容でしたね。詮議というのはかなりデリケートな話ですからここを間違うと部下の心が離れてしまう可能性もあります。そんな中松永久秀の処遇についてですが信長たちが久秀をかばうのはわかります。しかしそんな中義昭はよく久秀を許しましたね。義昭からすれば久秀は兄が討たれたことに少なからず関係あるわけですし、そのことで藤英たちが許せないというのもわからなくはありません。ただ信長が言うようにやはり戦で成果を上げたのであればそこは見てあげないと別の武将の目もあります。その点からどうなるのかなということもありましたが最終的には久秀が救われたという形でなるほどなと思いました。


ただ問題は春門ですよね。得てして組織が駄目な時というのは大体はその中に入る人事もダメだったりするので、その筆頭であると思われるこの春門に関してはやはり入れ替えるべきだと思いますし、それ以外も大幅な人事の変更というのは本来必要だと思います。そのためここで人事をそのままにしたという事は後に不安の種を残したというのは間違いないのかなと思います。


そして早くも義昭が襲撃されてしまいましたがやっぱり簡単に治安というのは収まらないものですね。しかしこのことに怒った信長が自分の手の者を使って将軍を守り、更には城を2ヶ月というスピードで作るという言い出します。この辺のスピード感はさすが信長ですが、ただ実際これにはなかなかついて来れなかったり反感を持ってしまうという人物が出てくるのも仕方がないところですよね。そんな中光秀は仏像すら資材に使うというところにとても違和感を覚えていたように思いました。しかしとうの将軍である義昭は信長にとても感謝して喜んでいる様子を見せました。この関係性がどうなっていくのかというところも気になるところですね。


そして今回信長は自分の手で京を収めていくという流れを作り始めましたが、これがスムーズに行くのかそれともそうでは無いのかというところが気になるところですね。引き続き先を見ていきたいと思います。

 

おまけ

f:id:a-map:20201230105814j:plain引用:NHK 

 

ドラマが終わった後に流れるおまけパートについてです。

 

★28話のおまけパート

今回は旧二条城復元石垣、京都御苑内についてでした。(京都府京都市)

 

1568年足利義昭は織田信長とともについに上洛を果たしました。


将軍の仮御所となった本国寺は広い境内にいくつもの小寺院を抱える日蓮宗の大本山でした。そして今も本国寺西門跡が残されています。そして信長記によれば義昭が本国寺で三好三人衆の襲撃を受けた際、光秀は警備を担当したと記されています。


その後信長により造営された将軍の御所、旧二条城は深い堀と石垣が巡らされ門には矢倉もあったと言われています。そして現在も復元された石垣が残っています。更にこの石垣には京都中から集められた墓石や石仏も使われました。そのため旧二条城跡から発見された石仏は200以上にもなりました。


そして城作りにも関わった光秀は義昭の上洛をきっかけに政治の表舞台に立つことになりました。


交通

旧二条城復元石垣、京都御苑内

地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車、徒歩5分

 

次のストーリー【第29話 摂津晴門の計略】

 

 

 

主な登場人物

下記の項目画像は[NHK ]からの引用になります


摂津春門(片岡鶴太郎)

f:id:a-map:20201230105922j:plain

幕府の政所を仕切っているが腐敗した幕府の中枢にいる人物でもある。そして成り上がり者の信長に指示や罵倒されることに強い怒りを覚えていて信長への反抗心を持っている


ユーネクスト

ユーネクストならいつでも大河ドラマを見ることができます。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー