100名城さんぽ

日本100名城さんぽ

日本100名城と大河ドラマのブログになります!100名城は基本情報から、100名城付近の観光情報などを載せています。100名城を見ながら散歩をしてその城や付近の歴史を感じられる手助けになればと思い書いてます!

MENU

麒麟がくる/第24話【将軍の器】あらすじと感想(ネタバレあり)大河ドラマ/2020年

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20201230112911j:plain引用:NHK

前回のあらすじ

足利義輝に織田信長の上洛を依頼された光秀は信長の元を訪ねる。しかし光秀は信長に美濃攻めで忙しく上洛はできないと断られてしまう。その後豊臣秀吉が光秀に、義輝が三好長慶の息子によって奇襲されるとの噂が飛び交っていると告げる。更に秀吉は裏で手を引いているのは松永久秀だと続ける。


その後光秀は大和の松永久秀の元を訪れる。そして出迎えた久秀は光秀が義輝の件で訪ねてきたと察して光秀にすでに義輝は家臣たちから見放されてしまっていると告げる。それに対して光秀はだから義輝を討つのかと尋ねると、久秀は義輝には都から退いてもらうだけで討ちはしないと返答する。さらに久秀はもう三好一派も三好長慶の息子も自分の息子も義輝を退けるつもりだと告げる。続けて久秀は長慶が生きている間ならば義輝反勢力も長慶の力で抑えられたが、自分1人になった今はそれらの勢力を抑えることができないと続ける。


しかし光秀が武士には将軍が必要だと告げると久秀は義輝の代わりを用意すると告げ、さらにその場に藤孝を呼び寄せる。そして光秀は今回の件に藤孝すらも関わっていると知り驚きと愕然とした様子を見せる。そして久秀は光秀に義輝を討つ事は無いと言い安心するように伝えるとその場を後にする。


その後光秀は義輝の元を訪れる。そして義輝は光秀が信長の説得に失敗し連れてこられなかったことを察する。そのことにより義輝はもはや自分には全くなびく家臣がいないこと、また自分にはもはや何の力もないことを察する。そして義輝は光秀にそのことを告げると今回の働きについてのねぎらいの言葉をかける。更に義輝は全てが遅かったと言いできればもっと早くに光秀に出会いたかったと告げる。そして義輝は光秀に越前へ帰って朝倉義景に義輝は元気だったと伝えるように続ける。それに対して光秀は自分の力のなさを嘆いて涙を流す。


一方駒は伊呂波太夫に無料で配っている丸薬をお寺で売ろうと説得を受けていた。そして最初は反対していた東庵も丸薬販売に気持ちが傾くと駒は東庵もその気ならとお寺に丸薬を売ることにする。


その後1565年、病死した長慶の息子が兵を率いて義輝のいる二条御所を襲撃した。

 

前回のあらすじ【第23話 義輝、夏の終わりに】

 

 

麒麟がくる/第24話【将軍の器】あらすじ

f:id:a-map:20201227161401j:plain引用:NHK

 

1565年京都で足利義輝が三好長慶の息子によって襲撃を受けた。そしてこの永禄の変で足利13代足利義輝はその30年の生涯を終えた。更に永禄の変によって将軍の座は空位となった。そんな中将軍を倒した三好一派は将軍の弟義昭を幽閉して自分たちが思いのままに操れる義栄を擁立しようとしていた。


その後越前で義輝の討ち死にを知った光秀はひどく驚き動揺した様子を見せる。


一方混乱の中細川藤孝たちは松永久秀の元を訪れる。そして藤孝たちは久秀にこのままでは興福寺にいる義昭も三好一派に討たれると危機感を募らせていることを伝える。そして久秀は急いで三好一派が占拠した興福寺へ向かう。その後久秀は幽閉されている義昭の元を訪れる。そして久秀は義昭にこのまま死を待つか、それとも次の将軍を目指すかと尋ねる。それに対して義昭は死にたくは無いと返答する。その後久秀や藤孝らの力によって義昭は興福寺から脱出することに成功する。


その後久秀の元を光秀が訪れる。そして光秀は激怒した様子で久秀になぜ将軍を討ったと詰めよる。それに対して久秀はまさか息子たちがここまですると思わなかったと返答する。しかし自分にも責任があると言うと光秀は当然だと返答する。そして久秀は火縄銃を光秀に渡すとこれで自分を撃てと告げる。しかし光秀は久秀を撃つ事はなかった。


その後久秀は光秀に将軍の弟である義昭を匿っていると告げる。そして久秀は幕府あっての自分たちだと言い、幕府の権威はとても重要なものだと告げる。そしてこのまま将軍がいない状態が続けば幕府が滅ぶと続ける。更に久秀は朝倉義景から手紙がきていて光秀が来たら義昭に会って将軍の器かどうか確かめるよう勧めてほしいと書いてあったと伝える。そして義昭が将軍の器であったときはその身柄を越前で引き受けても良いとも書いてあったと続ける。それに対して光秀は驚いた様子を見せるが義昭に会って将軍の器か確かめることにする。そんな中久秀は光秀に時代の変わり目である今この時に光秀はこのまま越前にいてただ眺めているだけでいいのかと尋ねる。それに対して光秀は考え込む様子を見せる。


片や京都では駒たちは丸薬作りを進めていた。そして伊呂波太夫が訪れると伊呂波太夫は駒に追加の丸薬注文をする。そんな中前久が駒たちの元を訪れる。


そして前久は伊呂波太夫と2人きりになると三好一派が次の将軍を義栄にするよう圧力をかけてきていると告げる。だが前久としては血筋からして次の将軍は義昭であるべきだと考えていて、それと三好一派に伝えたが三好達一派はそれは認めないと続ける。そして前久は義栄を認めなければ自分が殺されるだろうと告げる。それを聞いた伊呂波太夫はそれならば仕方がないと言い、義栄を認めれば良いと告げる。更に伊呂波太夫は誰が将軍になっても自分たちには関係ないしすべては武士同士のことだと続ける。そして将軍を誰にするかで前久が死ぬ事はないと告げる。それを聞いた前久は頷く。


一方光秀は義昭の元を訪れると、そこに付き従っていた藤英と藤孝が現れる。そして光秀は2人と話しているとそこに義昭が現れる。そして義昭は光秀が義輝の信頼していた人物だと知ると挨拶をする。しかし義昭は弱々しい姿を見せ、自分は死にたくないと思い大和を出てきたが将軍の器では無いのではないかと思い始めていると告げる。それに対して藤英と藤孝は義昭を励まして屋敷の中へ連れて行く。そんな中光秀は義昭を見て何か思うようにじっと考え込んでいた。その後光秀は藤英、藤孝とともに酒を飲んでいたが、藤英も藤孝もおそらく光秀が感じたであろうことと同じことを感じたと言い、正直義昭が将軍の器ではないと感じていると告げる。しかし藤英たちはそれでも自分たちが義昭を支えていくから何とか義景に良きよう伝えてほしいと頼み込む。


その後越前に戻った光秀は義景に義昭とはどんな人物であったか、将軍の器が足る人物なのかと尋ねられる。それに対して光秀は義昭は将軍の器ではないと感じたとはっきり義景に伝える。それを聞いた義景は少し驚きながらも分かったと返事をする。


その後前久は帝に義栄を次の将軍に推薦する。

 

麒麟がくる/第24話【将軍の器】感想

f:id:a-map:20201227161406j:plain引用:NHK

 

今回は義輝が襲撃されて亡くなったことと次の将軍をどうするかという話でしたね。


まずは光秀ですが久秀に会いに行く際、義景に越前を出る許可を取りに行きました。そしてその際家老は光秀を久秀の元へ行かせるのは許可できないといった態度をみせましたが、義景は光秀を素直に認めて久秀の元へ行かせました。この時も思ったんですが義景は結構懐が深いところがあって国のリーダーとして1つの要因は兼ね備えているのかなと思いました。特に光秀が使える人物か使えない人物かを判断しようとしていたり、光秀の人脈、つまり将軍家また織田家などとの繋がりに強みがあると判断していたところは上に立つ者として必要な要素かなと感じました。そういったこともあり義景は最初こそ越前の領主としてまたリーダーとして資質がないかなと思いましたが、しばらく見ているとそんな事はなく一国一城の主だけあるんだなって思いました。


その後光秀が義昭に出会った時ですが光秀は正直義昭が将軍の器ではないと感じたようです。確かにあの様子を見て将軍にふさわしいと思う武士はいないでしょう。その後越前に戻った光秀は義景に義昭は将軍にふさわしいかと尋ねられます。それに対して光秀は正直に将軍の器ではないと返答しました。この長い間付き合いのある藤英や藤孝に頼まれたにもかかわらずやはり将軍として義昭がふさわしくないと感じたことを正直に言ったところは光秀の人柄を表しているなと感じました。正直ここは藤孝たちに肩入れするか、または自分に正直でいるかどちらの立場にも立っても難しいところですが、光秀が正直に義昭は将軍の器ではないと告げた事は仕方のないところだと思います。でも状況によってはやっぱりそうは言えないかもしれないので、ここではっきりと光秀が義昭は将軍の器ではないと言いきったところはさすがだなと思いました。


そして前久ですが伊呂波太夫に次の将軍推挙について相談しました。これについてですがそもそも将軍を決めるということに対して帝サイドと武士サイドでかなり温度差があるんだなと感じました。そして伊呂波太夫は武士がいなくなれば戦争がなくなると言っていましたが実際は武士がいなくなることでもっと世の中は混沌とすると思うのでちょっと伊呂波太夫が考えていることは現実味がないんじゃないのかなと思いました。また伊呂波太夫が将軍などどちらでもいいと言ったことも実際は将軍が誰になるのかで争いが起きてしまうのであまり軽く決めるべきことではなかったのかなと思います。そのためこの点については前久は相談する相手を間違えたのかなと思いました。


さて今回はそれぞれの立場が難しい状況にありそんな中光秀たちだけではなく関白という立場の前久にまでその火の粉が降りかかりました。それだけ将軍が誰になるかというのは重要だという事ですね。そして一旦は前久が義栄を推薦したことで話が進みそうですが、しかしこれが素直に決まるとは思えません。今後はさらに将軍の後継者争いが激しくなっていくと思いますがどのような流れでどういう決着になるのか気になるところですね。では引き続き先を見ていきたいと思います。

 

おまけ

f:id:a-map:20201227161414j:plain引用:NHK 

 

ドラマが終わった後に流れるおまけパートについてです。

 

★24話のおまけパート

今回は滋賀県甲賀市、公方屋敷跡と矢島御所跡についてでした。

 
将軍足利義輝亡き後、義昭は大和から和田谷に逃れてきました。和田谷は義昭の逃亡を助けた和田惟政(これまさ)の本拠地で伊賀から続く道沿いに築かれた狭い谷です。


そして和田城はいくつもの館や城がこの谷を守るように配置されていて、この谷が1つの城のように機能していたと言われています。その中には和田支城や公方屋敷支城などがありました。そして公方屋敷邸跡は義昭が隠まわれていた場所だと言われています。


その後現在の滋賀県守山市である琵琶湖畔守山に向かった義昭は少林寺に入り、その後ほどなく矢島御所が作られたと言われています。そしておよそ10ヵ月この地で暮らした義昭は還俗して流浪の日々を送りました。


交通

公方屋敷跡

JR「油日駅」下車、徒歩11分

 

矢島御所跡

JR「守山駅」からバス「矢島南口」下車、徒歩3分

 

次のストーリー【第25話 羽運ぶ蟻(あり)】

 

 

 

主な登場人物

下記の項目画像は[NHK ]からの引用になります


足利義輝(向井理)

f:id:a-map:20201227161649j:plain

足利13代将軍で太平の世を夢見て尽力した。しかし晩年は家臣の進言を聞かずに思いのままに振る舞うようになり、家臣達の心が離れてしまう。そして永禄の変にて撃たれて30年の生涯に幕を降ろした


ユーネクスト

ユーネクストならいつでも大河ドラマを見ることができます。また借りに行く手間もありません。まだ登録していない方にはオススメです。

 

 

ツイッター 

Twitterで記事更新の通知などしていますのでフォローしていただけたら嬉しいです。


 

プライバシーポリシー