100名城さんぽ

日本100名城さんぽ/戦国の世に思いを馳せて

日本100名城と大河ドラマのサイトになります。100名城の基本情報からや実際に城廻りをした際のことを載せています。皆さんの城廻りの一助になれれば幸いです!

MENU

高松城/玉藻公園近くの栗林公園などを廻ってきました!【城の周辺さんぽ編】/日本100名城(香川県高松市)

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20210218103024j:plain

 

日本100名城の城址スタンプ廻り、観光さんぽ実体験レポートになります。100名城を廻ると47都道府県を全て巡ることになります。この日本一周の旅をマイペースに綴っていけたらと思うのでよかったら気楽に目を通してみてください!

 

今回は高松城に行ってきたので、その際のさんぽあしあとを紹介していきます。尚、今回の城さんぽレポートは下記の計3ページとなっています。


高松城.城さんぽ編
高松城.周辺さんぽ編
高松城おまけ編


そしてここでは高松城.周辺のさんぽ編として高松駅周辺→うどんバカ一代→栗林公園→屋島などを紹介しています!(2020年12月)

 

 

高松駅周辺

f:id:a-map:20210523102623j:plain

 

まずは時報鐘です。

 

こちらは高松城からも見える場所にあり、 少しだけ高松城の敷地から出た場所にあります。

 

建物の造り的には櫓のように見えたので高松城の一部かなって思ったんですけど、そういうことではなく時報鐘でした。

 

f:id:a-map:20210523102613j:plain

 

高松城の向かい側は道路で少し進むとこちらのフェリー乗り場があります。 

 

ここからフェリーに乗って離島へ行くことができます。

 

今回は時間がなくてフェリーに乗ることができませんでしたが、次回はぜひフェリーに乗りたいと思います。 

 

f:id:a-map:20210523102704j:plain

高松駅です。

 

こちらの駅はキャラクターの顔のような作りになっているんですね。 あまりこういう駅は見たことがなかったので面白いなって思いました。

 

f:id:a-map:20210523102714j:plain

宿泊ホテルと高松城が近かったので色んな時間帯の高松城を撮ってみました。

 

1.深夜の高松城です。

 

2.明け方の高松城です。

 

3.明け方の月見櫓です。

 

4.敷地の外から見た水手御門です。

本来はここから小舟で城を出入りしていたようです。水堀りは深さはほとんどない浅瀬の掘りとなっていました。

 

f:id:a-map:20210523102804j:plain

 

続いて高松シンボルタワーです。

 

こちらは駅前にある商業施設のビルとタワーが隣接しています。この高松シンボルタワーはとても存在感があり気になったので中を見学してみました。

 

f:id:a-map:20210523102819j:plain


ビル内の雰囲気です。

 

高松シンボルタワーはレストランやお土産店が入っているエリアと展望台エリアに分かれています。そして四国のアンテナショップには四国の様々な名産が揃っていました。 

 

f:id:a-map:20210523102837j:plain

 

展望台エリアへ向かいます。 

 

f:id:a-map:20210523102859j:plain

展望台エリアには展示場がありました。

 

四国についての歴史を知れるブースになっているようです。 

 
左下はうどん屋さんのブースになっていて調理場などにも入ることができました。

 

f:id:a-map:20210523102914j:plain

 

ビルは外に出て周辺を見渡すことができる場所もあります。

 

風も感じることができて景色を楽しむには絶好のスポットだと思います。 

 

f:id:a-map:20210523102942j:plain

 

30Fです。 

 
ここからはガラス越しに景色を見ることができます。

 

ただ30Fから本格的に景色を楽しみたい場合は30Fにあるレストランを利用したほうがよさそうだなって思いました。

 

f:id:a-map:20210523103045j:plain

 

続いて高松兵庫町商店街です。

 

高松兵庫町商店街は大通りに面した場所にあるアーケード街です。 

 

f:id:a-map:20210523103056j:plain

 

こちらはかなり広いアーケード街となっています。

 

f:id:a-map:20210523103106j:plain


アーケードにはブランドショップが並んでいるエリアがあったり、 脇道などにも色々なお店があったりします。 

 

グルメ

f:id:a-map:20210523103134j:plain

 

続いて食事です。

 

香川はさぬきうどんがとにかく有名です。そのため色んなうどんお店に行きましたがここではうどんバカ一代を載せてみました。 

 

f:id:a-map:20210523103150j:plain

こちらのお店は大変人気のお店でお昼を外した時間でもこの並びでした。基本並ぶと思ったほうがいいと思います。

 

ただお客さんの回転が速いお店なので並びの時間はそこまで長くなかったです。でも待つときは1時間くらい待つこともあるようです。

 

また店内には有名人の色紙がとても多く飾られていました。 

  

メニューは何にしようか迷いましたが、このお店で一番有名な釜バターうどん(490円)にしました。注文を頼んでからセルフで好きな物を取って最後にお会計をします。うどん王国の基本であるセルフシステムですね。

f:id:a-map:20210523103205j:plain

 

釜玉バターうどんです。

 

うどんにバターこしょうと玉子がついています。 

 

f:id:a-map:20210523103214j:plain

 

玉子を割ってうどんに入れます。 混ぜると完成でカルボナーラのようだと評判の釜玉バターうどんです。 

 

確かにこれはうどんというよりカルボナーラとも取れるような味わいで今までに食べたことタイプのうどんでした。また手打ちうどんは太みがあってもっちりとしています。

 

並んでみた甲斐があったなと思いました。

 

f:id:a-map:20210523103236j:plain
 

続いてかき焼わたなべです。

 

こちらはカキ食べ放題のお店です。高松は実はカキが有名な場所でもあります。 そしてカキ好きの間でも評判なのがこちらのカキ焼のお店です。

 

この辺りは隠れ家のようになっていて三軒ほどのカキのお店があります。海と隣接していてまさに漁師の味を味わえる新鮮なカキを楽しむことができます。

 

そして有名人も多く訪れるお店ですが誤算がありました。こちらを含めた三軒とも完全予約制にも近いくらいに人気で予約がないとまず入れないお店だったようです。 確かにこれほどそそられるお店であれば予約しないと入れないほど人気なのは納得です。

 

そんなカキ食べ放題のお店で今回は食べることができませんでした。でも次回は絶対にこちらで食事をしたいと思います!

 

源平の里むれ

f:id:a-map:20210523103346j:plain


続いて道の駅源平の里むれです。

 

道の駅は旅行先の特色を感じることもできてお土産もあり、時間があるときは寄りたくなるスポットなんですよね。

 

f:id:a-map:20210523103403j:plain

 

メインの建物へ入ります。 

 

f:id:a-map:20210523103414j:plain

 

様々なお土産が置かれています。 

 

f:id:a-map:20210523103424j:plain

 

こちらを訪れた目的の一つ、じゃこやさんです。

 

こちらはこの道の駅のお食事処です。 お目当てはこのハマチづけ丼です。こちらもとても評判がよかったのでぜひ食べてみたくて訪れました。

 

まずは並んで好きなお惣菜を取って最後に食事の注文とお会計をするようです。 店内は混雑していました。やはり人気のお店のようです。 

 

f:id:a-map:20210523103438j:plain

 

ハマチづけ丼(764円)です。 

 

肉厚のハマチにたれや薬味、黄身がマッチングしてとても美味しかったです。

 

栗林公園

f:id:a-map:20210523103505j:plain


続いて栗林公園に向かいます。

 

こちらは高松駅から車で10分圏内の場所にあります。栗林公園はお庭の国宝とも称されるほどの日本庭園です。日本庭園が好きな方はぜひ立ち寄っておきたい場所ですね。 

 

f:id:a-map:20210523103532j:plain

 

入り口の周辺にはお土産屋さんがあります。

 

ちなみにここと栗林公園の出口は繋がっているので帰りもスムーズに立ち寄ることができます。

 

f:id:a-map:20210523103545j:plain

 

入場券(410円)は券売機で購入します。 

 

f:id:a-map:20210523103606j:plain


園内は山も見渡せる見事な庭園です。

 

またこの施設はかなり広く見渡す限り緑があります。 その中でもメインは松のようで多種の松が植えられていました。 やっぱり日本庭園というと松がマッチしますよね。

 

f:id:a-map:20210523103619j:plain

多くの植物がありますがこちらのスギも大きくて存在感がありました。

 

f:id:a-map:20210523103630j:plain

商工奨励館です。

 

中を見学することもできたようですがこの日は時間がなくて建物内まで見ていくことはできませんでした。

 

f:id:a-map:20210523103710j:plain

 

1.日暮亭です。 

庭園だけではなくこうした日本家屋もあります。


2.旧日暮亭です。 


3.赤壁です。

石の壁、赤壁です。赤壁というと中国の赤壁が有名だなって思っていたら、こちらの赤壁は中国の赤壁にちなんでつけられた名前のようです。 


4.桶樋滝(おけどいたき)です。 

大きな滝ではないですが庭園に流れる滝はとても見ごたえがあります。 

 

f:id:a-map:20210523103749j:plain

 

掬月亭です。

 

こちらでは抹茶を楽しむことができます。 

 

f:id:a-map:20210523103818j:plain

 

飛来蜂です。

 

ここは園内でも一番の絶景スポットです。

 

ここから見える景色は山と池、庭園や掬月亭を全部見渡せる最高の景色となっています。 

 

f:id:a-map:20210523103831j:plain

 

1.船乗り場です。 

ここから船頭さんの漕ぐ船で園内の池から園内を周ることもできます。 


2.石畳の道です。 


3.睡竜譚です。

山と陽の光と庭園。いいですね、普段の疲れが癒されます。 


4.涵翠池です。 

 

屋島

f:id:a-map:20210523103916j:plain


続いて屋島です。

 

まずは屋島神社へ行きました。

 

f:id:a-map:20210523103929j:plain

 

本堂へ向かうために階段を登っている最中振り向くといい感じの景色が目に飛び込んできました。 

 

f:id:a-map:20210523103940j:plain

 

本堂です。

 

f:id:a-map:20210523103951j:plain



続いて神社と隣接している四国村へ寄ろうと思いましたが、こちらは入場料を払って敷地に入るようで思ったより広そうだったので、今回はちょっと寄りたいところがあるため見送ることにしました。

 

f:id:a-map:20210523104005j:plain

 

わら家です。

 

四国村に隣接しているお食事処です。 

 

f:id:a-map:20210523104013j:plain


異人館です。

 

こちらも四国村に隣接しています。こちらはカフェのようでした。ちなみに異人館にあったポストは100年前に実際にロンドンにあったポストのようです。 

 

f:id:a-map:20210523104026j:plain


続いて源平屋島古戦場です。

 

こちらとこの山を登った施設を見たいため今回は四国村を見送りました。

 

ここは山道の脇道にある休憩スポットのような場所で、車3台分くらいの広さです。そのためうっかりするとこの場所を見過ごして山を登ってしまいそうな場所です。

 

f:id:a-map:20210523104038j:plain

 

源平屋島古戦場からの眺めです。 

 

絶景ですね、思わず魅入ってしまいます。

 

屋島山頂

f:id:a-map:20210523104107j:plain


続いて屋島の山頂になります。

 

こちらには屋島寺や展望台、山の上の水族館などがあります。

 

f:id:a-map:20210523104121j:plain

こちらは源平屋島合戦の地だったこともあり、そのことについても触れることができます。

 

f:id:a-map:20210523104132j:plain

 

血の池です。 

 

f:id:a-map:20210523104143j:plain

 

屋島寺です。 

 

f:id:a-map:20210523104157j:plain

 

屋島寺の境内です。 

 

左下の写真が本堂となっています。

 

尚、こちらはお遍路コースにもなっているためお遍路をしている人もいました。 

 

f:id:a-map:20210523104214j:plain

 

更に先に進みます。 

 

見ずらいと思いますが電柱にはイノシシ注意の張り紙がありました。

 

f:id:a-map:20210523104233j:plain

屋島頂上展望台です。

 

f:id:a-map:20210523104243j:plain

 

展望台は素晴らしい眺めですね。

 

やっぱりこの海と山を同時に見られるっていいですよね! 

 

陽の光が雲の隙間から見えるのもまた雰囲気が最高ですね。 

 

f:id:a-map:20210523104254j:plain

 

屋島城跡です。 

 

f:id:a-map:20210523104446j:plain

 

続いて新屋島水族館です。 

 

こちらは山の上にある水族館となっています。このときはちょうどイルカのショーが終わったところでしたが、山の上にイルカがいるってかなり凄いですよね。 

 

f:id:a-map:20210523104315j:plain


館内です。

 

水槽には色々な魚がいました。 

 

f:id:a-map:20210523104329j:plain

 

ペンギンもいました。 

 

こちらのペンギンのランチタイムを見学して水族館を後にしました。

 

終わりに

f:id:a-map:20210523102623j:plain

 

城周辺のさんぽ編はこれで終了となります。

 

今回は見て回れたスポットも多く、うどんを中心とした食事もかなりしました。ページの都合でここではその一部しか載せることができませんでしたが、まだまだオススメしたことがあったので高松専用ページも作ろうと思っています。

 

また今回行った栗林公園はかなり広いですが日本庭園が好きな方は存分にその雰囲気を楽しむことができると思います。そして屋島は頂上を含めて見どころも多いので時間があればぜひ行っておきたいスポットかなって思います。

 

引き続きおまけ編もあるのでよかったら目を通してみてください!

 

次のさんぽ【高松城.おまけ編】

 

高松城さんぽレポート

高松城.城さんぽ編
高松城.周辺さんぽ編
高松城おまけ編

 

プライバシーポリシー