100名城さんぽ

日本100名城さんぽ/戦国の世に思いを馳せて

日本100名城と大河ドラマのサイトになります。100名城の基本情報からや実際に城廻りをした際のことを載せています。皆さんの城廻りの一助になれれば幸いです!

足利氏館/鑁阿寺近くの足利学校などを廻ってきました!【城の周辺さんぽ編】/日本100名城(栃木県足利市)

f:id:a-map:20210509125923j:plain

 

日本100名城の城址スタンプ廻り、観光さんぽ実体験レポートになります。100名城を廻ると47都道府県を全て巡ることになります。この日本一周の旅をマイペースに綴っていけたらと思うのでよかったら気楽に目を通してみてください!

 

今回は足利氏館/鑁阿寺に行ってきたので、その際のさんぽあしあとを紹介していきます。尚、今回の城さんぽレポートは下記の計3ページとなっています。


足利氏館/鑁阿寺.城さんぽ編
足利氏館/鑁阿寺.周辺さんぽ編
足利氏館/鑁阿寺おまけ編


そしてここでは足利氏館/鑁阿寺.周辺のさんぽ編として太平記館→足利学校→一茶庵本店→足利フラワーパークを紹介しています!(2020年11月)

 

 

マップ

f:id:a-map:20210509125938j:plain

 

足利氏館/鑁阿寺周辺マップです。

 

①太平記館

②足利氏館/鑁阿寺

③足利学校

④茶庵本店

⑤足利フラワーパーク

 

上記の順番で回りました。尚、足利氏館/鑁阿寺は城さんぽ編に載せています。

 

太平記館

f:id:a-map:20210509125951j:plain

 

今回はこちらの太平記館に車を停めて鑁阿寺と足利学校へ向かいました。

 

こちらは無料駐車場になっていて鑁阿寺と足利学校へもすぐ近くの場所にあります。

 

車で鑁阿寺や足利学校へ向かおうと思っている方にはオススメの場所です。

 

f:id:a-map:20210509130019j:plain

 

太平記館の中はカフェやお土産、展示物が置かれていました。 

 

そして展示物の中には甲冑も置かれていましたが、甲冑は迫力がありました。

 

また今日から俺はの映画のロケ地になったのか、今日から俺はのポップが置かれていました。

 

 f:id:a-map:20210509130052j:plain

 

太平記館を出て鑁阿寺と足利学校へ向かいます。

 

鑁阿寺は城さんぽ編で載せているのでこのページでは足利学校へ行った際のレポートになります。 

 

鑁阿寺と足利学校は隣接していて、両方とも太平記館を出て道路を渡ったらすぐの場所にあります。

 

f:id:a-map:20210509130014j:plain

 

足利学校の外堀と外観です。とても綺麗に整備されています。 外堀にはカモや鯉がいました。 

 

f:id:a-map:20210509130119j:plain

 

外堀を見学しながら先へ進みます。

 

f:id:a-map:20210509130126j:plain

 

足利学校への道は看板などもありわかりやすくなっています。

 

f:id:a-map:20210509130136j:plain

 

雰囲気のいい石畳の道路を進みお土産屋さんの目の前に足利学校がありました。 

 

足利学校内

f:id:a-map:20210509130148j:plain

足利学校に到着しました。

  

f:id:a-map:20210509130211j:plain


門から敷地内に入ります。 

 

日本最古の大学ということですが雰囲気ありますね。 

 

f:id:a-map:20210509130223j:plain

 

受付で参観料を払って中を見学します。

 

f:id:a-map:20210509130244j:plain

 

参観料を支払うと入場チケットとして入学許可証をもらえました。

 

これは相当しっかり作ってありますね。こういうのは嬉しいですよね。 

 

f:id:a-map:20210509130255j:plain

 

敷地内に入ってすぐの場所に映像案内所がありました。 

 

中は空調管理がバッチリで疲れているときの休憩場所としてはとても居心地がよい空間でした。

 

f:id:a-map:20210509130306j:plain

 

映像案内の他に模型などの資料もありました。 

 

f:id:a-map:20210509130321j:plain


映像案内所で少し涼んで先に向かいます。

 

道中に石碑や孔子の像がありました。

 

f:id:a-map:20210509130332j:plain

 

稲荷社です。

 

学校内

f:id:a-map:20210509130347j:plain

 

ここからが校内なんですかね。日本で唯一学校という文字が飾られている門のようです。江戸時代から受け継がれてきたようですが相当歴史がありますね。

 

f:id:a-map:20210509130359j:plain

 

校内に入ってすぐの風景です。

 

f:id:a-map:20210509130411j:plain

 

重要文化財にも指定されている足利学校遺蹟図書館です。 

 

時代を感じる造りとなっています。中に入ることもできましたが、建物内は撮影禁止だったため画像は残せませんでした。図書館内にはとても多くの古書がありました。

 

f:id:a-map:20210509130426j:plain

 

この景色は当時の面影が残っているんでしょうか。なんとなくそんな感じがしました。少しでも当時に近い景色を見ることができると気持ちも高まりますね! 

 

そういえば左下の写真は 歴代学長のお墓なんですが、当時の学長は学校にお墓を作ったんですね。 

 

f:id:a-map:20210509130442j:plain

 

敷地内は結構広くて見ごたえがあります。 

 

f:id:a-map:20210509130502j:plain

 

1. 木小屋です。

 

2.衆寮です。

当時はここで勉強しながら寝泊まりしたんですね。割と狭いですがここに何人くらいで寝泊まりしたのかな?って気になりました。

 

3.木小屋の内部です。

 

4.ベンチです。

入り口からここまで結構歩いたので少しこのベンチで休憩しました。

 

f:id:a-map:20210509130524j:plain

 

更に先に進みます。

 

f:id:a-map:20210509130608j:plain

 

こちらの庭はしっかり整備もされていて見ごたえのある日本庭園といった感じでした。 

 

 f:id:a-map:20210509130546j:plain

 

建物の入り口にあった宥坐之器(ゆうざのき)です。孔子の教えの中庸のことで、過不足がなく調和がとれていることを表す道具のようです。 

 

f:id:a-map:20210509130625j:plain

 

こちらが足利学校で見学できる建物の中で一番大きなところでした。 

 

建物内に入ります。 

 

f:id:a-map:20210509130638j:plain


受付がありますがこちらは無料で入れます。

 

様々な展示物があります。 

 

f:id:a-map:20210509130651j:plain

 

この日本家屋っぽい感じ好きなんですよね。 

 

f:id:a-map:20210509130709j:plain

 

広間です。 

 

こちらの広間は試験会場となっていました。 当時もここが試験会場だったってことなんでしょうかね。

 

f:id:a-map:20210509130700j:plain

 

広間や庭の様子です。

 

庭では手入れをしている人たちがいますが、こうして綺麗に建物や敷地が保存されているのは多くの人が整備してくれているからなんですね。感謝です。

 

f:id:a-map:20210509130729j:plain

建物は結構広くて色んな場所に展示物があります。

 

どれも見ごたえのある展示物でした。 

 

f:id:a-map:20210509130743j:plain

 

こちらの建物を出ると足利学校は終わりです。 

 

食事

f:id:a-map:20210509130756j:plain


足利学校を出た後は一茶庵本店で食事をしました。

 

こちらはお蕎麦が有名です。

 

f:id:a-map:20210509130805j:plain

 

店内の雰囲気はいい感じです。別室もあって席数はかなり多いと思います。でも相当込むらしく並んで待つこともあるようです。この日は開店と同時に行ったんですがスムーズに入ることができました。 料金のほうは若干お高めに感じました。

 

f:id:a-map:20210509130817j:plain


こちらは天せいろです。 

 

てんぷらが揚げたてでいい感じです。 お蕎麦は細めでそばつゆはかつおベースで上品な味わいです。

 

f:id:a-map:20210509130832j:plain


こちらは三色蕎麦です。 

 

三種類のお蕎麦を楽しむことができます。 

 

フラワーパーク 

f:id:a-map:20210509130848j:plain


続いて足利フラワーパークです。

 

このときは時期ではないので有名なイルミネーションはやっていませんでした。

 

f:id:a-map:20210509130857j:plain


建物内に入るとお土産屋さんがあります。

 

お土産屋さんを抜けると料金所があり、料金を払って先に進みます。

 

季節によって料金は変わるようです。 

 

f:id:a-map:20210509130916j:plain


フラワーパーク内に入ると自然の景色が目に入り、売店があります。 

 

こういうところで自然を楽しみながらのんびりもいいですよね。 

 

f:id:a-map:20210509130928j:plain

 

見事に緑が広がっていますね。

 

やっぱり時期が変わると景観が大きく変わるものですね。

 

f:id:a-map:20210509130936j:plain

 

こちらは本来ならイルミネーションが点灯しているんだと思います。 

 

f:id:a-map:20210509130947j:plain

 

緑が多いので大きな公園に来ているような感覚になります。

 

でも個人的には緑も好きですし、時期が外れてて人も少ないのでこれはこれでいいかなって思いました。 

 

f:id:a-map:20210509130959j:plain

 

花が咲いている場所もありました! 

 

園内はかなり広いです。 

 

f:id:a-map:20210509131011j:plain

 

こちらは大藤ですね。

 

かなり圧巻の光景です。園内でもひと際存在感があり、見ごろにもぜひ来てみたいと思いました。 

 

f:id:a-map:20210509131023j:plain

 

こうして彩りが豊かなところを見るとピークのときの園内はどんな感じなのかなって気になりますよね。 

 

さらに先に進みます。 

 

f:id:a-map:20210509131034j:plain

 

バラです。 

 

やっぱりバラはいいですね、存在感もありますし見入ってしまいました。 

 

f:id:a-map:20210509131107j:plain

 

入り口と反対側くらいの場所にお店がありました。

 

園内はかなり広いのでこうしてお店があると助かりますね。 

 

f:id:a-map:20210509131116j:plain

 

これだけ広い敷地の花が一斉に咲いていると思うとフラワーパークが有名なのもよくわかります。 

 

f:id:a-map:20210509131131j:plain


やっぱり自然の中を歩くのはいいですね、癒されます。 

 

f:id:a-map:20210509131145j:plain

 

こちらは彩り鮮やかです。 

 

f:id:a-map:20210509131154j:plain

 

こちらは入り口近くのレストランです。

結構歩いて疲れたのでちょっとこちらで休憩しました。

 

f:id:a-map:20210509131206j:plain

園内一周終わりました。

 

山に囲まれて自然を多く感じられるスポットでした。 

 

終わりに

f:id:a-map:20210509131034j:plain

 

城周辺のさんぽ編はこれで終了となります。


鑁阿寺のすぐ近くには足利学校があるのでこちらはぜひ見ておきたいスポットになります。また車の場合は太平記館が駐車場としても休憩場所としてもいいかと思います。


そしてフラワーパークですが、シーズンを外すと入場料が安くなり人も少ないというのがありますが、やはり満開の季節やイルミネーションの季節も見てみたいというのがあります。

 

花を楽しむなら春、イルミネーションは冬という感じになると思います。もちろんそれ以外の季節でも十分楽しむことはできると思います。ただ鑁阿寺からはかなり離れているので、鑁阿寺から向かうなら電車か車での移動がいいかと思います。


引き続きおまけ編もあるのでよかったら目を通してみてください!

 

次のさんぽ【足利氏館/鑁阿寺.おまけ編】

 

足利氏館/鑁阿寺さんぽレポート

足利氏館/鑁阿寺.城さんぽ編
足利氏館/鑁阿寺.周辺さんぽ編
足利氏館/鑁阿寺おまけ編

 

足利氏館/鑁阿寺紹介レポート

足利氏館/鑁阿寺について

 

プライバシーポリシー