100名城さんぽ

日本100名城さんぽ

日本100名城と大河ドラマのブログになります!100名城は基本情報から、100名城付近の観光情報などを載せています。100名城を見ながら散歩をしてその城や付近の歴史を感じられる手助けになればと思い書いてます!

MENU

江戸城(東京都千代田区)さんぽレポート【城さんぽ編】/日本100名城

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20190524150227j:plain

 

日本100名城の城さんぽ実体験レポートになります。今回は江戸城に行ってきたので、その際のさんぽあしあとを紹介していきます。尚、今回の城さんぽレポートは下記の計3ページとなっています。


江戸城.城さんぽ編
江戸城.周辺さんぽ編
江戸城おまけ編

そしてここでは城さんぽ編として大手門→富士見櫓→本丸広場→天守→二重橋などを紹介しています!(2019年5月)

 

 

大手門

f:id:a-map:20190524150254j:plain


江戸城内を見て回りたいと思います。江戸城は現在の皇居でもあり、その中で見て回れる場所は皇居外苑と皇居東御苑がありますが、まずは皇居東御苑から見ていこうと思います。

 

皇居東御苑へ入れる門は何か所かありますが、今回は大手門から皇居東御苑へ中に入りました。写真の橋を渡って門をくぐると大手門があります

 

f:id:a-map:20190516161342j:image

 

橋の手前にある看板です

 

f:id:a-map:20190524150306j:plain


橋から振り返るとビルが目に入ってきます

 

f:id:a-map:20190516161840j:image

 

橋の右手側の景色です

 

f:id:a-map:20190516161455j:image

 

橋の左側の景色です。左側は皇居外苑があります。後で皇居外苑も見にいきます

 

f:id:a-map:20190524150323j:plain


橋を渡り門をくぐる前に持ち物検査があります。バックを持っている人はバックの中を検査されます

 

f:id:a-map:20190524150352j:plain


持ち物検査が終わり門をくぐります

 f:id:a-map:20190524150342j:plain

 

そしてすぐに出てくるのが大手門です。大きいですね!

 

f:id:a-map:20190516161700j:image

 

大手門の石碑があります

 

f:id:a-map:20190516161723j:image

 

そして大手門の看板やシャチホコもあります

 

f:id:a-map:20190516161636j:image

 

看板には大手門の概要が書かれています

 

f:id:a-map:20190516161601j:image

  

シャチホコです

 

f:id:a-map:20190516161748j:image

 

大手門をくぐります。門を見てみると分厚くてしっかりとした作りなのがわかります

 

f:id:a-map:20190524150425j:plain


大手門を抜けると受付があります。ここで入園票をもらって出るときに入園票を返します

 

f:id:a-map:20190524150434j:plain


入園票です

 

f:id:a-map:20190516161810j:image

 

受付を抜けてすぐにトイレがあります

 

f:id:a-map:20190516161529j:image

 

皇居東御苑の看板です。東御苑はとても広いですが、この看板が何か所もあるので迷ったときは現在地を確認することができます

 

f:id:a-map:20190524150509j:plain

 

園内は全て解放されているわけではなく入れない場所もあります。入れない場所には皇宮警察の人が立っていると思いますが、いない場合も立ち入り禁止の看板がある場所は入らないようにしましょう

 

f:id:a-map:20190524150519j:plain

 

大手門の受付を抜けて道なりに進むと三の丸尚蔵館があります

 

f:id:a-map:20190524150536j:plain

 

三の丸尚蔵館は無料で中を見て回ることができます

 

f:id:a-map:20190524150547j:plain


時期によって三の丸尚蔵館で公開されているものは変わるようです。また三の丸尚蔵館内は撮影禁止だったため館内では写真を撮っていません

 

f:id:a-map:20190524152211j:plain


三の丸尚蔵館の正面辺りにある休憩所です。

 

ここには100名城スタンプが置かれているので集めている方は忘れずに押しましょう!

 

ちなみに僕は押し忘れて別日にもう一度スタンプを押しに来ました(笑)皇居東御苑の外でもスタンプを押せる場所はありますがせっかくなので皇居東御苑内で押せる場所で押しました

 

f:id:a-map:20190524150556j:plain


先に進むと木々に囲まれた休憩スポットがあります。建物の中には入れませんが、ベンチがあるので座って休憩することができます

 

f:id:a-map:20190516161346j:image

 

ベンチ横に公衆電話がありました。使えるのかはちょっとわかりませんでした 

 

f:id:a-map:20190516161317j:image

 

休憩スポットのベンチの前に水道もありました

 

番所 

f:id:a-map:20190516161640j:image

 

休憩スポットを抜けて先に進みます

 

f:id:a-map:20190516161544j:image

 

とても大きな石垣です

 

f:id:a-map:20190524150615j:plain


石垣を抜けた先に同心番所があります

 

f:id:a-map:20190516161405j:image

 

同心番所の看板です

 

f:id:a-map:20190516161349j:image

 

隣には宮内庁音声ガイドアプリの看板もありました。アプリを使いながら東御苑内を回るのもよさそうですね 

 

f:id:a-map:20190516161314j:image

 

同心番所になります。大手門を抜けて最初に出てくる番所です。

 

建物はそんなに大きくないですね

 

f:id:a-map:20190516161501j:image

 

同心番所の入り口です

 

f:id:a-map:20190516161356j:image

 

江戸時代の人はここで見張りをしていたんですね

 

f:id:a-map:20190516161752j:image

 

同心番所の石碑です 

 

f:id:a-map:20190516161843j:image

 

同心番所の脇にある松です

 

f:id:a-map:20190524150635j:plain

 

先に進みます。振り返って同心番所がこの距離で見える場所から百人番所も見ることができます

 

f:id:a-map:20190524150647j:plain


正面を向くとこの光景になります。少し先の左手にあるのが百人番所です

 

f:id:a-map:20190524150707j:plain

 

百人番所が見えてきました

 f:id:a-map:20190516161553j:image

 

百人番所の手前に植木がありますが、東御苑の要所要所にある植木も立派で見ごたえありますね 

 

f:id:a-map:20190516161550j:image

 

百人番所の看板です

 

f:id:a-map:20190516161300j:image

 

百人番所です。こちらはとても大きいというか広いですね!

 

f:id:a-map:20190516161329j:image

 

名前の通り百人常駐することができそうな広さです

 

f:id:a-map:20190516161726j:image

 

百人番所の突き当たりにある植木です。こちらの植木も見事ですね

 

f:id:a-map:20190516161758j:image

 

百人番所の石碑です

 

f:id:a-map:20190516161605j:image

 

ここは百人番所の縁側になるんですかね。もしかしたらココで百人番所の人達がお茶をしながら江戸幕府の話とかをしていたかもしれないですね

 

f:id:a-map:20190524150724j:plain


百人番所の目の前に大きな石垣があります。石垣の奥には大番所があります

 

f:id:a-map:20190524150742j:plain


石垣にはかつて中之門という門があったようです

 

f:id:a-map:20190516161332j:image

 

中之門跡の石碑です

 

f:id:a-map:20190524150752j:plain

 

石垣の間に門の跡が残されています 

 f:id:a-map:20190516161306j:image

 

大番所の看板です

 

f:id:a-map:20190516161242j:image

 

大番所です。


大番所は三つある番所の中で最後にある番所になるので、警備上とても重要な場所だったようです。そしてそのため大番所は他の番所より位の高い人達が警備していたようです

 

f:id:a-map:20190516161851j:image

 

大番所は同心番所や百人番所に比べて風格があるように感じますね

 

 

f:id:a-map:20190516161608j:image

 

大番所の周りに植えられている木々も立派ですね

 

富士見櫓

f:id:a-map:20190524150817j:plain


大番所を抜けると本丸方面への道が続きます

 

f:id:a-map:20190516161712j:image

 

道中は緑が多く、園内ではいたるところで自然を感じることができます 

 

f:id:a-map:20190524150827j:plain


道なり進むと看板がでてきました

 

f:id:a-map:20190516161633j:image

 

更に進むと富士見櫓の看板もでてきました。本丸広場の前に富士見櫓へ向かおうと思います

 

f:id:a-map:20190516161423j:image

 

この辺りまで来るとビルが見えない場所などもあり、オフィス街にいるとは思えない光景が広がっています

 

f:id:a-map:20190516161248j:image

 

富士見櫓の看板がでてきました

 

f:id:a-map:20190524150842j:plain


富士見櫓からの眺めについて書かれています。江戸時代はここから富士山が見えたようですね

 

f:id:a-map:20190524150904j:plain

 

富士見櫓の概要が書かれています

 

f:id:a-map:20190524150916j:plain


富士見櫓が見えてきました

 

f:id:a-map:20190524150227j:plain

 

富士見櫓です。

 

一見するとお城のようにも見えますね。時代を感じる建物です。江戸城に来たら絶対に見ておきたい場所ですね

 

f:id:a-map:20190516161409j:image

 

富士見櫓の近くに大木がありました

 

f:id:a-map:20190516161833j:image

 

樹齢はわかりませんが富士見櫓の建物と合わせて見るのにマッチしている大木だなって感じました

 

果樹園

f:id:a-map:20190516161401j:image

 

番所から本丸広場に向かうと本丸広場の手前に果樹園があります

 

f:id:a-map:20190516161621j:image

 

果樹園の看板です

 

f:id:a-map:20190524155127j:plain

 

果樹園です。

 

果樹園も見て回っている人が結構多かったので、皇居東御苑が建造物だけではなく植物も楽しんでいる人が多いということが伺えました

 

f:id:a-map:20190516161336j:image

 

果樹園ではこのように果樹の種類がわかるようになっています

 

松の大廊下跡

f:id:a-map:20190516162449j:image

 

果樹園の正面に本丸広場がありますが、本丸広場の外周にも観光スポットがあるのでまずは外周を回っていこうと思います

 

f:id:a-map:20190516162249j:image

 

松の大廊下跡の看板です 

 

外周に入って最初に出てきたのが松の大廊下跡ですが、この場所は忠臣蔵で浅野内匠頭が吉良上野介に斬りかかった場所ですね。有名なシーンの場所なので立ち寄っている人も多かったです

 

f:id:a-map:20190516162309j:image

 

松の大廊下跡の石碑です

 

f:id:a-map:20190516162738j:image

 

松の大廊下跡です。

 

松の大廊下跡は現在完全に森の一部となっていました。そのため建造物などは残っていませんでしたが、吉良上野介が斬られた場所と本丸との位置関係を知ることができました。松の大廊下跡は本丸から結構近いんだなって思いました

 

富士見多聞 

f:id:a-map:20190524155147j:plain

 

外周を先に進みます。写真は本丸広場ですが外周から本丸広場は目視することができる位置にあります

 

f:id:a-map:20190516162518j:image

 

富士見多聞の看板です。概要が書かれています

 

f:id:a-map:20190524155158j:plain


富士見多聞です

 

f:id:a-map:20190516162707j:image

 

 富士見多聞の石碑です

 

f:id:a-map:20190524155211j:plain


富士見多聞の中は入って見学することができます。土足厳禁なので靴を脱いで入りますがスリッパなどはありません

 

f:id:a-map:20190524155221j:plain


富士見多聞内は撮影は許可されています

 

f:id:a-map:20190516162152j:image

 

多聞の概要について書かれていました。倉庫や休息所として使われていたということですかね

 

f:id:a-map:20190524155238j:plain


富士見多聞入り口から見た建物内の様子です。中はそんなに広くはないかなって感じました

 

f:id:a-map:20190516162506j:image

 

富士見多聞から外を見た景色です。格子があるので見ずらいですがしっかり外の様子を確認することができます

 

f:id:a-map:20190516162110j:image

 

看板の下にある材木は江戸時代の加工していた材木のようです。歴史を感じますね 

 

石室 

f:id:a-map:20190516162542j:image

 

富士見多聞を出て更に外周を進みます

 

f:id:a-map:20190524155301j:plain


皇居東御苑内は様々なところにベンチがあるので疲れたら休憩することができます。

 

この日も多くの人がベンチに腰かけて休んでいました。敷地内はかなり広いので疲れたら休憩しながら見て回ったほうがいいと思います

 

f:id:a-map:20190516162535j:image

 

石室の看板です。概要が書かれています 

 

f:id:a-map:20190516162601j:image

 

石室です。

 

石室は緊急時の大奥用の倉庫などとして使われていたようですね。そんな広さはないですが頑丈な作りになっているのでもしものときは重宝したと思います

 

f:id:a-map:20190516162509j:image

 

石室内は公開されていないので中には入ることはできませんでした 

 

f:id:a-map:20190516162730j:image

 

さらに外周を進むと竹林がでてきました

 

f:id:a-map:20190516162200j:image

 

竹林の看板です。いろんな種類の竹がありますね

 

f:id:a-map:20190516162527j:image

 

お城に竹林って景観的に合いますよね。

 

外周はここで終わりになります。このまま本丸広場や天守台に行くこともできますが、一度番所を抜けた場所まで戻って本丸広場を通り天守台へ行こうと思います

 

本丸広場

f:id:a-map:20190516162749j:image

 

では本丸広場に行きたいと思います。

 

番所を抜けて本丸広場に入る前に本丸の見取り図があります

 

f:id:a-map:20190516162125j:image

 

この写真だと見ずらいですが現在地や本丸の施設が書かれています。また見やすい見取り図が天守閣近くにあったのでこの後アップしてます

 

f:id:a-map:20190524155324j:plain


外周を回らず番所を抜けてから本丸広場に入る眺めです

 

f:id:a-map:20190524155340j:plain


本丸広場です。

 

とても広い公園のようになっていて木が何本かあるだけで基本は芝生の広場です

 

f:id:a-map:20190524155500j:plain


芝生に座って休憩している人がところどころにいます

 

f:id:a-map:20190524155513j:plain

 

木の陰でシートを広げてピクニックをしている人たちもいます

 

f:id:a-map:20190516162639j:image

 

本丸広場と道路で区切られた場所にあった植木です。この植木の後ろ側は外周で先ほど周った富士見多聞などがあります。道路の手前は本丸広場です 

 

f:id:a-map:20190516162057j:image

 

本丸広場の芝生です。本丸広場で休憩を考えている場合、このまま座るのが気になる方は前もってレジャーシートを用意しておくといいかと思います

 

f:id:a-map:20190524155526j:plain

 

 本丸広場を突き進んできた道を振り返るとこんな感じです。

 

まさに広場ですね!

 

f:id:a-map:20190524155539j:plain


ここは天守台の手前で本丸広場の終わり付近です。

 

マップを見るとこの木の辺りは大奥があった場所なのかなって思いました。ただ看板がなかったので明確に大奥とはいえません。おそらく位置的にはこの辺りが大奥だったのかなって思います

 

天守台

f:id:a-map:20190524155556j:plain

 

本丸広場を抜けるとすぐに天守台があります。天守閣の跡地ですね

 

f:id:a-map:20190524155113j:plain

 

天守台です。

 

天守台でこの大きさですから天守閣は相当大きかったんでしょうね。そんな天守閣は何度か復元の話が出ているようですが、今のところ復元される予定はないようです。機会あれば天守閣をぜひ復元してほしいですね!

 

f:id:a-map:20190524155616j:plain

 

天守台の隣にあった建物です。何の建物なのかはわかりませんでした

 

f:id:a-map:20190524155631j:plain

 

天守台を登っていきます

 

f:id:a-map:20190516162337j:image

 

天守台の看板です

 

f:id:a-map:20190516162145j:image

 

天守台の看板と天守台が記された目印があります

 

f:id:a-map:20190524155651j:plain

 

天守台からの本丸広場の眺めです。

 

本丸広場に入ってすぐの場所にある木々が先ほど大奥なのかなって思って載せた場所です。

 

目の前のまっすぐ縦に続く道の右側が外周で、縦の道をずっと奥に進んだ場所が番所方面ですね。今回はこの縦の道をずっと進んできた感じです

 

f:id:a-map:20190516162715j:image

 

こちらが本丸広場に入る前にあった見取り図の見やすいほうですね。

 

現在地などが記されているので天守台から地図を見比べると江戸城の位置関係がわかりやすいかと思います

 

f:id:a-map:20190524155718j:plain

 

天守台は二段階上ることができるので更に一段上がります

 

f:id:a-map:20190524155734j:plain

 

天守台の一番上から本丸広場を見た景色です。

 

本丸方面が一望できますね

 

f:id:a-map:20190516162454j:image

 

天守台を上がった場所に置かれていた方位を示す置物です

 

f:id:a-map:20190516162333j:image

 

こちらも天守台からの眺めになります

 

 潮見坂

f:id:a-map:20190516162746j:image

 

天守台から二の丸庭園へ向かいます

 

f:id:a-map:20190516162128j:image

 

二の丸庭園へ向かう際に通る林の中にひときわ目立つ木がありました。

 

木の幹は三本に分かれて伸びていますが根本はとても太く大きいです。樹齢も相当長いと思いますがもしかしたら時の将徳川軍も見た木かもしれないですね

 

f:id:a-map:20190526125908j:plain

 

潮見坂です。


林を抜けて潮見坂に来ると一気に視界が開けます

 

 

f:id:a-map:20190516162107j:image

 

石垣が積まれています。機械のない時代によくこれだけの石を積みましたよね。本当にすごいことだと思います

 

f:id:a-map:20190516162252j:image

 

潮見坂の看板です

 

f:id:a-map:20190516162626j:image

 

潮見坂からの景色です。

 

江戸時代はここから海が見えたみたいですね。現在はオフィス街のビルが見えますがこれもまた昔と今の景色が混じって見ごたえのある風景だと思います

 

f:id:a-map:20190526125922j:plain

 

潮見坂は結構勾配があり、長いので転ばないように気をつけましょう

 

f:id:a-map:20190526125929j:plain


潮見坂を下ってから見上げた風景です

 

f:id:a-map:20190516162609j:image

 

坂を下ると周辺の見どころについて看板がありました 

 

f:id:a-map:20190526130038j:plain


潮見坂を下って再び林の中に入り二の丸庭園へ向かいます

 

二の丸庭園

f:id:a-map:20190516162231j:image

 

潮見坂を抜けて二の丸庭園へ向かう際の林ですが、虫が少し多かった気がしたので気になる人は虫よけスプレーを持って行ったほうがいいかもしれないですね。

 

ただオフィス街にいるとは思えないほどの自然を感じることができる林なので、散歩にも丁度いいスポットかなって思いました

 

f:id:a-map:20190516162613j:image

 

周辺に植えられている植物についての看板です

 

f:id:a-map:20190516162553j:image

 

マイナスイオンが出ていそうな林ですね。見渡す限りに木があります

 

f:id:a-map:20190526130027j:plain

 

しばらくすると休憩所が出てきました。天守台からここまで結構距離があるので疲れたときに休憩できるちょうどいいスポットですね

 

f:id:a-map:20190516162521j:image

 

休憩所です

 

f:id:a-map:20190516162620j:image

 

中には自動販売機があります

 

f:id:a-map:20190526130050j:plain


椅子も置かれているので座ってしっかり休憩することができます

 

f:id:a-map:20190516162604j:image

 

休憩所の近くに看板がありました。ここで現在地の確認をすることができます。

 

もうすぐ二の丸庭園ですね

 

f:id:a-map:20190526130100j:plain


休憩所を出ると竹林があります

 

f:id:a-map:20190516162549j:image

 

立ち止まって見ている人もいる見ごたえのある竹林でした

 

f:id:a-map:20190516162317j:image

 

再び林の中を通ります 

 

f:id:a-map:20190516162300j:image

 

途中に小川がありました

 

f:id:a-map:20190526130123j:plain


小川は二の丸庭園まで続いているようです

 

f:id:a-map:20190526130135j:plain

 

二の丸庭園です。


林を抜けて二の丸庭園に入ると一気に視界が広がります

 

 

f:id:a-map:20190516162324j:image

 

二の丸庭園の看板です

 

f:id:a-map:20190526125829j:plain


二の丸庭園の池や木々、置物などはいかにも日本庭園という感じでとても見ごたえがあります

 

f:id:a-map:20190516162149j:image

 

二の丸池の看板です

 

f:id:a-map:20190526130201j:plain

 

二の丸池です

 

f:id:a-map:20190516162555j:image

 

この置物は庭園にバッチリ合ってますね

 

f:id:a-map:20190526130214j:plain


二の丸庭園にはニシキゴイがいます

 

f:id:a-map:20190516163029j:image

 

ニシキゴイの看板です

 

f:id:a-map:20190516163044j:image

 

二の丸庭園にあった滝です 

 

f:id:a-map:20190516163048j:image

 

滝の水も二の丸庭園の池に流れているようです

 

f:id:a-map:20190526130230j:plain


滝の上から見た画像です

 

f:id:a-map:20190516163329j:image

 

木々から二の丸庭園を覗き込んだ画像です

 

f:id:a-map:20190526130257j:plain


二の丸庭園から諏訪の茶屋へ向かいます

 

諏訪の茶屋

f:id:a-map:20190516163255j:image

 

諏訪の茶屋の看板です

 

f:id:a-map:20190516163228j:image

 

諏訪の茶屋です。

 

諏訪の茶屋は二の丸庭園を抜けてすぐの場所にあります

 

f:id:a-map:20190516163211j:image

 

諏訪の茶屋の石碑です

 

f:id:a-map:20190523142801j:image

 

諏訪の茶屋は庭先から立ち入り禁止になっているので建物だけじゃなく庭も含めて雰囲気を楽しむことができます

 

f:id:a-map:20190516163120j:image

 

この角度だとビルも映ってないので、江戸時代当時の風景はこんな感じだったのかなって思ったりもしました 

 

f:id:a-map:20190516163112j:image

 

ビルと一緒に見る風景もいいですね

 f:id:a-map:20190523142941j:image

 

諏訪の茶屋から先に進むと各都道府県の木が植えられている道があります

 

f:id:a-map:20190516163214j:image

 

このように47都道府県の木が植えられています 

 

f:id:a-map:20190516163249j:image

 

僕は出身が栃木なんですが、栃木の木とちのきもありました

 

梅林坂

f:id:a-map:20190516163242j:image

 

二の丸庭園から都道府県の木の道を抜けて潮見坂があった通りに戻ってきました

 

f:id:a-map:20190516163143j:image

 

皇居東御苑内は大体周り終わりました。大手門の出口へ向かおうと思います

 

f:id:a-map:20190516163134j:image

 

道中で梅林坂がありました

 

f:id:a-map:20190516163236j:image

 

梅林坂の看板です

 

f:id:a-map:20190516163108j:image

 

今は梅の開花時期じゃないのでわかりにくいですが、梅林坂は梅の開花時期である2月ごろには梅が見事な花を咲かせて、花と同時に香りも楽しめる坂となっています

 

f:id:a-map:20190516163309j:image

 

この通り一面が梅のようです

 

f:id:a-map:20190526130342j:plain

 

梅林坂は緩やかですが坂になっています

 

f:id:a-map:20190526130405j:plain

 

梅林坂を抜けて大手門に向かいます

 

f:id:a-map:20190516163336j:image

 

大手門を抜けて持ち物検査をした橋に戻ってきました 

 

f:id:a-map:20190526130415j:plain


皇居東御苑はここまでになります。

 

このとき皇居東御苑はまもなく閉園時間だったので皇宮警察の方が門を閉める準備をしていました

 

二重橋

f:id:a-map:20190516163300j:image

 

残すスポットは二重橋と桜田門です。

 

最初、すべてのスポットは皇居東御苑の中で見られるのかと思っていました。

 

でも二重橋と桜田門は皇居東御苑ではなく皇居外苑だったようです

 

f:id:a-map:20190526130428j:plain


大手門から二重橋までは結構距離があります。

 

皇居外苑は写真のように開けた場所で、木が植えられていますが皇居東御苑とはまた違った雰囲気の場所になります

 

f:id:a-map:20190516163052j:image

 

二重橋です。

 

江戸城というとこのスポットを目にすることも多いと思います。そのため二重橋はとても人気のあるスポットで、この場所で写真を撮っている観光客の方は大勢いました

 

桜田門

f:id:a-map:20190516163202j:image

 

二重橋を抜けて桜田門へ向かいます。桜田門は二重橋から割と近い場所にあります

 

f:id:a-map:20190516163146j:image

 

二重橋付近から見えるあの門の先に桜田門があります

 

f:id:a-map:20190526130445j:plain


この門も立派な門ですね

 

f:id:a-map:20190526130455j:plain


桜田門です。

 

外と繋がっているのでマラソンをしている人など多くの人がこの門を通っています 

 

f:id:a-map:20190516163015j:image

 

桜田門の看板です

 

f:id:a-map:20190516163221j:image

 

桜田門の石碑です

 

f:id:a-map:20190516163239j:image

 

この桜田門で江戸城の観光スポット巡りは終わりになります 

 

終わりに

f:id:a-map:20190524150954j:plain

 

お疲れさまでした、城さんぽはこれで終了となります。ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

ページがだいぶ長くなってしまいましたが、それでもまだまだ説明不足や足りない点もあったと思います。写真で少しでも江戸城の雰囲気を感じてもらえたら幸いです。


実は今回は江戸城に計3回訪れました。初回は皇居東御苑が閉園、2回目は100名城スタンプの押し忘れ、3回目に目的を達成といった感じです。下調べはしていたつもりなんですがまだまだですね(笑)でも次のお城では同じ失敗をしないようにしたいと思います。みなさんも閉園などにお気をつけください!


江戸城さんぽ編はこれで終わりになりますが、周辺さんぽやおまけさんぽなどもありますのでよかったら目を通してみてください!次のお城に行ったらまたレポートをあげたいと思うので気になったらぜひ目を通してみてください。最後までご覧いただき本当にありがとうございました!

 

次のさんぽ【江戸城.周辺さんぽ編】

 

江戸城さんぽレポート

江戸城.城さんぽ編
江戸城.周辺さんぽ編
江戸城おまけ編

 

江戸城紹介レポート

江戸城について

 

プライバシーポリシー