100名城さんぽ

日本100名城さんぽ

日本100名城の基本情報から、100名城付近の観光情報などを載せています。100名城を見ながら散歩をしてその城や付近の歴史を感じられる手助けになればと思い書いてます!

MENU

川越城(埼玉県川越市)さんぽレポート【城の周辺さんぽ編その2】/日本100名城

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20190618151808j:plain

 

日本100名城の城さんぽ実体験レポートになります。今回は川越城に行ってきたので、その際のさんぽあしあとを紹介していきます。尚、今回の城さんぽレポートは下記の計4ページとなっています。


①川越城.城さんぽ編
②川越城.周辺さんぽその1
③川越城.周辺さんぽその2
④川越城 おまけ編


そしてここでは川越城.周辺のさんぽその2として蔵作りの街並み→時の鐘→菓子屋横丁→博物館を紹介しています!(2019年6月)

 

 

蔵作りの街並み

f:id:a-map:20190618143238j:plain


蔵作りの街並みです。

 

大正浪漫通りの商工会から大通りに向かうとすぐに蔵作りの街並みが出てきます。こちらも大正浪漫通り同様に車が通っていますが、大通りにある分こちらのほうが車の通りは多いです

 

f:id:a-map:20190618143251j:plain


一般道に蔵作りの建物が並んでいる感じですね

 

f:id:a-map:20190618143303j:plain


蔵作り以外にも歴史を感じられる建物があります

 

f:id:a-map:20190618143330j:plain


こちらは蔵作りの建物ですね

 

f:id:a-map:20190618143346j:plain


蔵作りの街並みではお店になっている建物が多く、多くの観光客がそれぞれのお店に立ち寄っていました

 

f:id:a-map:20190618143359j:plain

 

こちらのようにお店ではない建物もあります 

 

f:id:a-map:20190618143411j:plain


大正浪漫通り同様に浴衣を着て町を散策して楽しんでいる人がチラホラいました!

 

f:id:a-map:20190618143440j:plain


こうして蔵作りの建物が並んでいるのを見ると、昔の街並みはこんな感じだったんだなって思いながら散策していました。歩行者天国だったらより雰囲気を感じることができそうだなって思いました

 

f:id:a-map:20190618143451j:plain


この日は天気もよかったので本当に多くの観光客の人がいて賑わっていました

 

f:id:a-map:20190618143504j:plain


人力車もありました

 

f:id:a-map:20190615083624j:image

 

旧八十五銀行本店本館で、現在のりそな銀行です

 

f:id:a-map:20190618143626j:plain


蔵作りの街にあったお土産屋さんです。このような様々なお店が蔵作りの街にはあります

 

f:id:a-map:20190615083717j:image

 

こちらは蔵作りの街から一本脇道に入った場所にあった飲食店です。蔵作りの街はメイン通りだけではなく脇道にもお店や見どころがたくさんあります

 

f:id:a-map:20190618143647j:plain

 

蔵作りの街の脇道にあったお寺です

 

f:id:a-map:20190615083711j:image

 

こちらも脇道ですけどこの小道もいい感じですよね

 

時の鐘

f:id:a-map:20190618143659j:plain


時の鐘は蔵作りの街のメイン通りから横道に入った鐘つき通りにあります

 

f:id:a-map:20190618151706j:plain


時の鐘です。

 

時の鐘は約400年前によって創設されました。その後何度か火災などで焼失してしまったことがありますが、その都再建されて今もなお川越のシンボルとなっています。また時の鐘は現在も稼働して、蔵造りの街に時を知らせているようです

 

f:id:a-map:20190618151729j:plain


時の鐘は小江戸の中でも特に人気スポットのようで多くの観光客の人がいました

 

f:id:a-map:20190618151745j:plain


時の鐘は更に奥に続く道があります

 

f:id:a-map:20190618151757j:plain

 

何があるのか覗いてみると、奥は薬師神社という神社になってました。薬師神社は参拝している人も多いようです

 

f:id:a-map:20190618151808j:plain

 

鐘つき通りは時の鐘の他に、蔵作りの街同様たくさんのお店がありました

f:id:a-map:20190615083514j:image

 

時の鐘のアップです。鐘が鳴っているところも聞いてみかったですが、この日は聞くことができませんでした

 

f:id:a-map:20190618151825j:plain


蔵造りの街のメイン通りに戻って先に進みます。メイン通りは画像のようの結構車の通りがあります

 

f:id:a-map:20190618151841j:plain


小江戸横丁です

 

f:id:a-map:20190618151852j:plain


大沢家住宅です。

 

蔵造りの街の中でも一番古い建物で1792年に建てられた建物になります。現在は国の重要文化財に指定されています

 

f:id:a-map:20190618151914j:plain

 

大沢家住宅から少し進むと蔵造りの街並みは終わります

 

菓子屋横丁

f:id:a-map:20190615083630j:image

 

菓子屋横丁です。

 

菓子屋横丁では20軒ほどの菓子屋が並び、昔ながらの景観を楽しみつつ手作り飴や駄菓子など味覚でも楽しむことができます

 

f:id:a-map:20190618151928j:plain


蔵造りの街から大通りを道なりに来ると菓子屋横丁へ辿り着きます

 

f:id:a-map:20190618152003j:plain


この辺りはまだお店はチラホラある感じですね

 

f:id:a-map:20190618152020j:plain


こんな感じにお店が並んでいます 

 

f:id:a-map:20190618152032j:plain

 

このお店では焼きそばやかき氷も売っているようです

 

f:id:a-map:20190615083932j:image

 

菓子屋横丁の看板です

 

f:id:a-map:20190618152049j:plain

 

この道に入ってからはお店も密集していて一気に活気がでてきました

f:id:a-map:20190615083726j:image

 

いも恋まんじゅうですね 

 

f:id:a-map:20190615083539j:image

 

駄菓子が並んでいます

 

f:id:a-map:20190618152107j:plain


お店の作りも老舗な感じが出ていて見ごたえがあります

 

f:id:a-map:20190618152119j:plain

 

色んな駄菓子の中でもふ菓子がひときわ目立っています

 

f:id:a-map:20190615083848j:image

 

近づいて見るとふ菓子が思ったより大きいかったです(笑)日本一の大きさのようですね! 

 

f:id:a-map:20190618152128j:plain 

観光客の人もかなり多かったです

 

f:id:a-map:20190615083856j:image

 

年代物のポストがありました。実際に使用されているのかはちょっとわかりませんでした

 

博物館

f:id:a-map:20190618152153j:plain


菓子屋横丁も見終えたのでいよいよ川越城へ向かいます。菓子屋横丁付近からバスで川越城へ向かおうと思いバス亭を探したんですがバス亭が見つけられませんでした。そんなこんなで歩いて川越城に向かっていると市役所付近でシェアサイクルを見つけました

 

f:id:a-map:20190615083741j:image

 

川越駅付近では全部借りられていて使うことができませんでしたが今度こそシェアサイクルを使います!

 

シェアサイクルはアプリで登録して15分60円で使用することができます。川越城付近にシェアサイクル置き場があるのでそこまでシェアサイクルで向かいました。

 

そういえば市役所から初雁公園までの道中に川越城中ノ門がありました。初雁公園から川越城中ノ門までは結構距離があるので、川越城中ノ門を見たい方はシェアサイクルなどで見に行くのも一つの方法かなって思いました

 

f:id:a-map:20190618152206j:plain

 
本丸御殿の近くに美術館と博物館があったので寄ってきました。美術館は撮影禁止だったので入り口にだけになりますが、博物館は撮影OKだったので館内を撮影してきました

 

f:id:a-map:20190615083547j:image

 

美術館と博物館は隣同士となってます 

 

f:id:a-map:20190615084316j:image

 

博物館館内の竹林です

 

f:id:a-map:20190615084343j:image

 

博物館館内を見て回ります

 

f:id:a-map:20190618152219j:plain 

博物館館内は撮影OKの看板がありました

 

f:id:a-map:20190615084449j:image

 

館内の最初の部屋です

 

f:id:a-map:20190615084414j:image

 

川越の街の模型です 

 

f:id:a-map:20190615084156j:image

 

船の模型です 

 

f:id:a-map:20190615084245j:image

 

館内は何ブロックかに分かれて展示物が展示されています 

 

f:id:a-map:20190615084252j:image

 

これは火消しの纏ですかね 

 

f:id:a-map:20190615084221j:image

 

俵や屋台がありました。焼き芋のルーツは江戸時代後期からあったようですが、この屋台はいつの時代のものなのか気になりますね

 

f:id:a-map:20190615084304j:image

こちらは昔の作業の様子を復元した模型ですね。機械がない時代は全て作業が手作業だったわけですし大変だったでしょうね

 

f:id:a-map:20190615084400j:image

 

小船の模型です

 

f:id:a-map:20190615084338j:image

 

埴輪です 

 

f:id:a-map:20190615084248j:image

 

北条氏房検地定書です

 

f:id:a-map:20190615084455j:image

 

仏像です 

 

f:id:a-map:20190615084437j:image

 

刀です 

 

f:id:a-map:20190615084322j:image

 

鷹の描かれた展示物です 

 

f:id:a-map:20190615084227j:image

 

屏風です 

 

f:id:a-map:20190615084345j:image

 

甲冑です 

 

f:id:a-map:20190615084351j:image

 

川越の模型です。

 

博物館には様々な時代の様々な物が展示されていました 

 

終わりに

f:id:a-map:20190615084437j:image

 

城周辺のさんぽはこれで終了となります。


小江戸は色々スポットはありますがやはり一番の見どころは蔵造りの街並みだと思います。蔵造りの街は昔ながらの情緒を感じることができる通りになっていて川越を散策するならぜひ立ち寄りたいスポットとなっています。


また菓子屋横丁や博物館、撮影ができないためここでは載せることができなかった美術館なども見ごたえのあるスポットだと思うので時間があれば合わせて回ってみたい場所だと思います。川越城レポートやおまけ編レポートもあるのでよかったら合わせて目を通してみてください!

 

川越城さんぽレポート

川越城.城さんぽ編
川越城.周辺さんぽその1
③川越城 周辺さんぽその2
川越城おまけ編

 

川越城紹介レポート

川越城について

 

プライバシーポリシー