100名城さんぽ

日本100名城さんぽ/戦国の世に思いを馳せて

日本100名城と大河ドラマのサイトになります。100名城の基本情報からや実際に城廻りをした際のことを載せています。皆さんの城廻りの一助になれれば幸いです!

今帰仁城を廻ってきました!【城さんぽ編】/日本100名城(沖縄県国頭郡)

f:id:a-map:20210120191341j:plain

 

日本100名城の城址スタンプ廻り、観光さんぽ実体験レポートになります。100名城を廻ると47都道府県を全て巡ることになります。この日本一周の旅をマイペースに綴っていけたらと思うのでよかったら気楽に目を通してみてください!

 

今回は今帰仁城(なきじんじょう)に行ってきたので、その際のさんぽあしあとを紹介していきます。尚、今回の城さんぽレポートは下記の計3ページとなっています。


今帰仁城.城さんぽ編
今帰仁城.周辺さんぽ編
今帰仁城おまけ編


ここでは今帰仁城.城さんぽ編として今帰仁城址公園内を紹介しています!(2020年10月)

 

 

マップ

f:id:a-map:20210513151008j:plain


今帰仁城のマップです。

 

①駐車場

②今帰仁村グスク交流センター

③歴史文化センター

④平郎門付近(この先チケット必要)

⑤本丸付近

⑥志慶真門郭

 

上記の順番で回りました。

 

今帰仁城周辺

f:id:a-map:20210513120003j:plain

 

今回は車で今帰仁城まで行きました。

 

今帰仁城は大自然に囲まれたとても景観のいい場所にあります。

 

f:id:a-map:20210513120018j:plain

 

地理的に車以外で今帰仁城まで行くのは難しいかと思います。 駐車場には今帰仁城の地図がありました。

 

f:id:a-map:20210513120034j:plain

 

駐車場から進むとまずお土産屋さんやトイレがありました。 

 

f:id:a-map:20210513120045j:plain

 

こちらの受付で入場チケットを買って城を見学します。ちなみに100名城スタンプもこちらに置いてあります。尚、チケットは大人1名で400円となっていました。

 

歴史文化センター

f:id:a-map:20210513120102j:plain

 

チケットを購入して先に進むと今帰仁城の歴史文化センターがありました。

 

 まずはこちらの施設の見学をしてきました。 

 

f:id:a-map:20210513120115j:plain

 

施設に入ると展示物が置かれています。 

 

f:id:a-map:20210513120137j:plain

 

展示物以外にも貿易の歴史についてなどもわかるようになっていました。

 

f:id:a-map:20210513120151j:plain

 

展示物は1F~3Fまで置いてあるのでかなりの量が展示されています。

 

f:id:a-map:20210513120205j:plain

 

これは実際に使われていた船のモデルのようです。

 

f:id:a-map:20210513120217j:plain


ここでは今帰仁城で発掘された物だけではなく、昔使われていた道具なども置かれていて住民の生活もわかるようになっていました。

 

今帰仁城

f:id:a-map:20210513120243j:plain

 

歴史文化センターを見終えたので先に進みます。 

 

f:id:a-map:20210513120254j:plain

 

今帰仁城の看板と模型です。 

 

f:id:a-map:20210513120310j:plain

 

観覧は有料と書かれた看板がありました。

 

f:id:a-map:20210513120321j:plain

 

城の茶屋です。

 

城の道中にあるお店でさとうきびジュースなどを売っています。手前で猫が日向ぼっこしていますが癒されますね。

 

f:id:a-map:20210513120334j:plain

 

城の茶屋ではさとうきびの皮をその場で剥いていました。

 

せっかくなのでさとうきびのジュースを飲んでみました。味のほうは優しい甘みで飲みやすく冷たくて美味しかったです。 

 

f:id:a-map:20210513120441j:plain

 

1.城壁の石の中に含まれている化石です。 

 

2. 古宇利殿内です。 

 

3.炉跡です。 

 

4.周囲の様子です。

 

f:id:a-map:20210513120520j:plain

 

外壁となっている石垣は高さ2メートル前後と若干低めですが、数百メートルに渡って蛇行して続いています。

 

f:id:a-map:20210513120546j:plain

 

石垣です。 

 

f:id:a-map:20210513120406j:plain

 

今帰仁城です。

 

さすが世界遺産だけあって見ごたえがありますね。

 

f:id:a-map:20210513120455j:plain


今帰仁城の撮影スポットや石碑です。 

 

f:id:a-map:20210513120639j:plain

 

こちらで観覧チケットを見せて中に入ります。 

 

本丸

f:id:a-map:20210513120953j:plain

 

平郎門です。

 

こちらより城内へ入ります。ここからはいよいよ有料エリアです。 

 

f:id:a-map:20210513121003j:plain

 

石畳と周辺の景色が凄いですね。

 

中世の映画のワンシーンに出てきそうな光景です。 

 

f:id:a-map:20210513121014j:plain

 

奥まで続く道が凄く長く見えますが、そこまで先に進むのは大変ではなかったのでよかったです。

 

f:id:a-map:20210513121029j:plain


大庭です。

 

階段を登り切った場所にある大庭一帯には本丸、北殿、南殿の建物が配置されていたようです。また政治や宗教についての行事が行われた場所のようです。

 

f:id:a-map:20210513121042j:plain

 

旧道や石碑、歌碑がありました。

 

f:id:a-map:20210513121111j:plain


御内原(ウーチバル)です。

 

ここからの眺めは絶景ですね! 御内原は女官の人が生活していたと言われる場所のようです。

 

f:id:a-map:20210513121135j:plain

 

御内原からは海も山も見ることができます。 

 

そして左下の画像はテンチジアマチジです。このテンチジアマチジは今帰仁城の守護神として崇められていた神聖な拝所だったようです。

 

f:id:a-map:20210513121224j:plain


御内原から下を見下ろした景色です。城壁が万里の長城ですね。沖縄の城は基本的にこの城壁のタイプですが、ここら辺も本州の城と違って見ごたえがありますよね。 

 

f:id:a-map:20210513121240j:plain


本丸エリアです。

 

ここには城内でもっとも中心的な建物があったようです。

 

f:id:a-map:20210513121251j:plain


本丸の景色です。

 

左下の画像は火の神が祀られた場所だったようです。

 

f:id:a-map:20210513121305j:plain


本丸から城の裏側へ回ります。 

 

f:id:a-map:20210513121321j:plain

 

志慶真門郭です。

 

ここには城主に伝えた身近な人たちが住んでいたと考えられています。かなり勾配がある場所ですがなんか不思議な光景でした。 

 

f:id:a-map:20210513121346j:plain

 

こちらからの眺めもよかったです。 城さんぽは城を楽しむことに加えて健康のためにやっているのもありますが、やっぱり天気がいいと心身ともに健やかになりますよね!

 

f:id:a-map:20210513121356j:plain

 

城壁の石垣です。 

 

f:id:a-map:20210513121405j:plain

 

これだけの石を長距離に渡って積み上げるのはそうとう大変だったでしょうね。

 

f:id:a-map:20210513121416j:plain

 

志慶真門郭の景色です。

 

今帰仁城は志慶真門郭が最終地点となっていました。

 

100名城スタンプ

f:id:a-map:20210513133404j:plain

 

今回は今帰仁村グスク交流センターで100名城スタンプを押しました。

 

f:id:a-map:20210513133411j:plain

 

1.今帰仁村グスク交流センターに100名城スタンプが設置されてます。

 

★今帰仁城

【時間】  8:00~18:00
【料金】  400円
【休み】  年中無休
【場所】  沖縄県国頭郡今帰仁村今泊4874
【アクセス】レンタカー推奨
【電話番号】0980-56-4400(管理事務所)

 

 

終わりに

f:id:a-map:20210513121111j:plain

 

ここまでが今帰仁城城さんぽ編になります。

 

城さんぽ編として今帰仁城をザッと見ていきましたが、今帰仁城の見どころは万里の頂上のような城壁や有料エリアに入ってからの映画のワンシーンに出てくるような石畳の道、また頂上からの絶景など多くの見どころがありました。

 

そして今回は今帰仁城と合わせて美ら海水族館や海浜博公園の海なども見てきたので、その際のレポートを周辺さんぽ編に載せています。よろしければ周辺さんぽ編も合わせて目を通してみてください!

 

次のさんぽ【今帰仁城.周辺さんぽ編】

 

今帰仁城さんぽレポート

今帰仁城.城さんぽ編
今帰仁城.周辺さんぽ編
今帰仁城おまけ編

 

プライバシーポリシー