100名城さんぽ

日本100名城さんぽ/戦国の世に思いを馳せて

日本100名城と大河ドラマのサイトになります。100名城の基本情報からや実際に城廻りをした際のことを載せています。皆さんの城廻りの一助になれれば幸いです!

MENU

丸亀城近くの金刀比羅宮などを廻ってきました!【城の周辺さんぽ編】/日本100名城(香川県丸亀市)

【スポンサーリンク】

f:id:a-map:20210127215400j:plain

 

日本100名城の城址スタンプ廻り、観光さんぽ実体験レポートになります。100名城を廻ると47都道府県を全て巡ることになります。この日本一周の旅をマイペースに綴っていけたらと思うのでよかったら気楽に目を通してみてください!

 

今回は丸亀城に行ってきたので、その際のさんぽあしあとを紹介していきます。尚、今回の城さんぽレポートは下記の計3ページとなっています。


丸亀城.城さんぽ編
丸亀城.周辺さんぽ編
丸亀城おまけ編


そしてここでは丸亀城.周辺のさんぽ編として金刀比羅宮→銭形砂絵→父母ケ浜を紹介しています!(2020年12月)

 

 

丸亀うどん つづみ

f:id:a-map:20210531102115j:plain

 

今回は丸亀城へ行った際に丸亀うどんを食べました。 やっぱり丸亀というとうどんのイメージが強いですよね。

 

上の画像は丸亀城へ向かう道中の風景です。みなと公園は園内に船の模型があり珍しいなと思って撮影しました。 

 

f:id:a-map:20210531102129j:plain

丸亀駅です。

 

f:id:a-map:20210531102143j:plain

 

通町です。

 

f:id:a-map:20210531102158j:plain

 

通町はアーケード街となっています。 

 

f:id:a-map:20210531102210j:plain

 

手打ちうどんつづみです。こちらは通町の入り口に店舗を構えています。

 

f:id:a-map:20210531102220j:plain


店内の様子です。

 

有名人のサインがたくさん飾られていました。

 

f:id:a-map:20210531102231j:plain

 

うどん王国で多いセルフ式ではなくうどんは注文するタイプのお店でした。

 

おでんはセルフで購入することができます。 

 

f:id:a-map:20210531102239j:plain


今回はとり天ぶっかけ(580円)にしました。

 

うどんも美味しそうですが何よりとり天の大きさが目に飛び込んできました。揚げたてサクサクのとり天は甘みのある美味しいお肉でこの大きさでもペロっと食べることができます。

 

そしてコシのある手打ち麺は少し平たくでも食べ応えがあります。あっさりした出汁とも相性バッチリで美味しくいただけました。 

 

こんぴらさん表参道

f:id:a-map:20210531102349j:plain

続いて金刀比羅宮へ向かいます。

 

長い階段を登る金刀比羅宮へのこんぴら参りは一生に一度はお参りしたい場所として名高い場所となっています。

 

f:id:a-map:20210531102405j:plain

 

車はこんぴらさんの表参道近くの駐車場へ止めました。

 

こちらはお土産を一定料金買えば駐車料金無料、お土産を買わない場合は500円の駐車場といった感じでした。

 

ちなみにこの辺りは同じシステムで駐車場を運営しているお土産屋さんが多く、表参道から遠い場所にも駐車場があります。そしてどのお店も相当強引に駐車を誘導するのでできる限り表参道に近い場所に車を停めるのがいいかなって思います。

 

f:id:a-map:20210531102417j:plain

こんぴらさんの表参道です。

 

ここからお店が並んでいます。

 

f:id:a-map:20210531102428j:plain

 

色んなお店があって賑やかな通りとなっています。 

 

f:id:a-map:20210531102441j:plain

 

金陵の郷です。

 

こちらには大きな酒瓶のオブジェクトや御神木の楠がありました。また更に酒に関する展示物やトイレもあります。

 

f:id:a-map:20210531102454j:plain

敷島館です。

 

こちらはこんぴらさん表参道にある老舗旅館ですがかなり存在感があります。建物の造りはまるでジブリにも出てきそうな雰囲気で見ごたえがあります。

 

また敷島館の一階は無料で入れる足湯もありました。

 

f:id:a-map:20210531103001j:plain

 

階段です。 

 

f:id:a-map:20210531102633j:plain

 

更に先に進みます。 

 

f:id:a-map:20210531102609j:plain


表参道には飲食店やカフェなど足休めにもちょうどいいお店がいくつもあります。また老舗から最近風のおしゃれなお店など店舗のバリュエーションは様々でした。そして灸まんですがこちらはこんぴらさん名物のお土産のようですね。

 

f:id:a-map:20210531102649j:plain

 

階段100段目です。


実はここまでで既に結構階段を登ってきたんですがまだ先は長いようです。

 

f:id:a-map:20210531102753j:plain

 

振り返るとこの景色。素晴らしい眺めです! 

 

f:id:a-map:20210531102809j:plain

 

大門です。


迫力ある門で存在感があります。ここで階段は365段となり、神域の総門となっています。

 

金刀比羅宮

f:id:a-map:20210531103058j:plain


大門を潜るとまだ先に道が続いています。ここからは基本的に店舗はなくなります。あるのはしばらく進んだ場所にカフェが一件あるのみです。

 

f:id:a-map:20210531103109j:plain

 

賓物館です。 

 

f:id:a-map:20210531103201j:plain

 

開けた場所に出てきました。 しかしまだ御本宮ではありません。ここには書院があります。

 

f:id:a-map:20210531103214j:plain


鳥居を潜って更に上を目指します。

 

f:id:a-map:20210531103226j:plain

 

オープンテラスのカフェがありました。こちらで小休止することもできます。 

 

f:id:a-map:20210531103241j:plain

 

所々で杖を持っている人がいますが、かなり長い道のりなので杖を使うのも一つだと思います。杖は表参道にあったお店でも借りることができます。

 

f:id:a-map:20210531103255j:plain

旭社まで来ました。

 

正直もうここまででいいかなというくらいに既に長い道のりを歩いてきました。こんぴら参りは長い道のりだと知っていましたがこれは思ったより長い道のりです。

 

f:id:a-map:20210531103311j:plain

 

少し休憩をして更に先に進みます。 

 

f:id:a-map:20210531103326j:plain

 

それぞれの建造物は素晴らしく見ごたえがあります。

 

f:id:a-map:20210531103340j:plain

 

更に先に進みます。 

 

f:id:a-map:20210531103352j:plain


またも長い階段ですがここが御本宮への最後の階段のようです。

 

f:id:a-map:20210531103403j:plain


御本宮です。

 

ここまでの道のりが長かっただけに喜びもひとしおに大きいですね!

 

f:id:a-map:20210531103413j:plain

 

境内からの眺めです。 

 

街と山を見渡すことができて長い道のりの疲れも吹き飛ぶほどの景色でした。 

 

f:id:a-map:20210531103425j:plain

境内の様子です。お守りなども売っていました。しっかりとお参りをして駐車場へ戻ります。

 

銭形砂絵

f:id:a-map:20210531103727j:plain

続いて銭形砂絵を見に行きます。

 

道中にあった本山駅ですが、改札が駅員さん方式のようでした。のどやかな雰囲気があっていいですね。 

 

f:id:a-map:20210531103739j:plain

銭形砂絵がある琴弾公園へ到着です。車を停めて銭形砂絵へ向かいます。

 

f:id:a-map:20210531103750j:plain


公園のため遊具などもありました。

 

f:id:a-map:20210531103757j:plain

 

ここから銭形まで450メートルのようです。 

 

f:id:a-map:20210531103807j:plain

 

今日は色んなところに登っていますがまだ山登りは続くようです。 

 

f:id:a-map:20210531103815j:plain

 

階段を登り続けると一般道へ出てきました。ここから少し進むと銭形砂絵ですが、ここまでは車で来ることもできたようですね。 

 

f:id:a-map:20210531103833j:plain

 

休憩所です。

 

ここから銭形砂絵を見ることができます。

 

f:id:a-map:20210531103843j:plain

 

こちらは小銭が置かれていたので小銭を置くと御利益があるのかなと思い、僕も小銭を置いてみました。

 

f:id:a-map:20210531103855j:plain

銭形砂絵です。

 

この砂絵を見た人は健康で長生きできてお金に不自由しなくなると言われているようです。御利益があることを願います。 

 

f:id:a-map:20210531103908j:plain


銭形砂絵を見た後に琴弾公園内にある浜辺へ向かってみました。

 

f:id:a-map:20210531103916j:plain

 

瀬戸内海の海は波が荒々しく迫力がありました。 

 

父母ヶ浜

f:id:a-map:20210531104028j:plain

 

続いて父母ヶ浜へ来ました。 

 

f:id:a-map:20210531104002j:plain

 

父母ヶ浜は日本のウユニ塩湖とも呼ばれる絶景の海です。

 
浜辺には雰囲気のいいカフェがありました。

 

f:id:a-map:20210531104016j:plain

 

父母ヶ浜の海岸です。

 

f:id:a-map:20210531104100j:plain

この水面に空が反射して絶景となるようです。

 

ウユニ塩湖のような景色になるのは天気や満潮、干潮など時間帯による条件も必要なようです。

 

f:id:a-map:20210531104139j:plain

 

想像していたのとは違う雰囲気でしたが、水面に空が反射しなくても絶景には変わりないスポットかなって思います。 

 

f:id:a-map:20210531104159j:plain

 

水面に反射する光が綺麗です。


f:id:a-map:20210531104148j:plain

こちらは有名スポットのため多くの人が訪れていました。 

 

f:id:a-map:20210531104236j:plain


父母ヶ浜でお気に入りの一枚です。

終わりに

f:id:a-map:20210531103403j:plain

 

城周辺のさんぽ編はこれで終了となります。

 

今回も金刀比羅宮や銭形砂絵、父母ヶ浜など色んなスポットを回って充実した旅を送ることができました。そんな中長い道のりであるこんぴら参りはとても印象に残っています。金刀比羅宮はとても素晴らしい場所でしたが御本宮への道のりは本当に、本当にとても長い道のりでした。

 

また父母ヶ浜の景色ですが、地面に空が写るということはなかったですがとても素晴らしい景色で驚嘆しました。今回も本当に楽しい時間を過ごすことができました。

 

引き続きおまけ編もあるのでよかったら目を通してみてください!

 

次のさんぽ【丸亀城.おまけ編】

 

丸亀城さんぽレポート

丸亀城.城さんぽ編
丸亀城.周辺さんぽ編
丸亀城おまけ編

 

プライバシーポリシー